『ルーベデンスニセコ』バブル期に建てられた結婚式場廃墟を探索する。

SNSフォローボタン
ニナをフォローする
廃墟遺構・限界集落・廃村など
ルーベデンスニセコの外観

こんにちはニナ(himajine_syasai)です。
今回は北海道の廃墟好きなら皆さんご存知?の結婚式場廃墟『ルーベデンスニセコ』を少しだけご紹介します。

ルーベデンスニセコの外観。見た目以上に中は広く探索に時間がかかる。

蘭越町の山の奥にある

ニセコと言っていますが、蘭越町にあります。周辺にはロッジやコテージなどが建っており、ちょっとした別荘地?と思える場所です。

何も知らなければ、一見なんてことのないボロい建物では…?くらいにしか車で行くと思わないでしょう。だって周りは森に囲まれた素敵な建物が多いんですもの。

他にも森に囲まれた別荘?らしき建物が多くある。

だけど、立派な廃墟。近寄れば、あぁなるほど、思いっきり廃墟感しかありませんって感じ。

それにしても、そんな素敵な森の中のロッジ、コテージ群に行く唯一の道に、この不気味な廃墟の横を通らなければならないというのは、どうしてなんだろう?と疑問に思います。

せめてもう1箇所、道道と接続する入口を作ってはどうだろう?と思ってしまった。

入口が1か所しかない。

ヤバイと噂されている物件らしい

まぁ、そんな余計なお節介は置いといて、廃墟マニアには『なかなかヤバい』と噂されるルーベデンスニセコ。

心霊スポットとして現在は扱ってる人もいる様で(唯一ここで霊の存在を感じだと言ってる人がいた)気になるので行ってみました。

確かに不快指数は高い

結論から言うと、昼間という事もあり何もなし。ただ、昼間なのに真っ暗な場所もあり、湿気もかなりキツい。不快指数は高いです。

J&K いつも見かけるけど何者なんだ。Twitterにも生息しているのだろうか。

地下は水没しているのでくまなくみる場合は、深めの長靴着用は必至。

心霊スポットとして期待する人は行かない方が良いのかな。本当に何もないし。噂も調べた限りでは(事件など)無さそうですし。

苔だらけ。秋なのに蒸し蒸ししていた。

あれだけ仄暗い、湿気のある息苦しさを感じる建物ならまぁ、そう感じる人もいるのかなぁ?とは思います。
動画キリトリの写真で申し訳ないですが、
日差しも入りやすく、窓が割られて通気がいいはずの場所なのにも関わらず、
ご覧の通り絨毯だった部分も苔だらけ。それだけ湿気が激しいということです。

第一弾

とりあえず、
このブログに辿り着いた読者の方には、
YouTube内の動画で満足していただけたら嬉しいですね。

かなり中は広く、
長い探索になった為、
二本立てでお届けしています。

第一弾より、
第二弾の方が見せ場は多いと個人的に思うので、
オススメです。

第二弾

コメント

タイトルとURLをコピーしました