スポンサーリンク

【廃墟探索】奔別炭鉱の奥 美しき廃遺構群を探索

奔別炭鉱の奥の遺構群

皆さんお久しぶりの更新ですね。
ニナ(@himajine_syasai )です。
先日、奔別炭鉱のホッパーの屋根が崩落。非常に残念なニュースでした。
ちょうど、今回記事の最後に紹介する動画の告知タイミングと重なり、
自らの告知するタイミングの悪さに何とも言えない気持ちになりました。

で、

これを機にホッパーを解体するのではないか?という憶測も多く出ており、
やっと三笠市もこの場所を利用してイベントを開催するようになってきたため
今後の事を考えると暗いニュースです。

最近はこのブログは放置気味ですが、
少しでもこういった場所に興味を持っていただき、三笠市の開催するイベントにも参加して下さる方が増えれば
もしかするといい方向に行くのではないか…?という思いから少しでも多くの人の目に留まる機会があればと思い久しぶりに重い腰をあげてブログで紹介させていただきます。

まず

奔別炭鉱の場所

北海道三笠市にあります。
云わずと知れた炭鉱で栄えた都市。
今は人口1万人を切ったちいさな市です。
国道12号線より桂沢方面に車を走らせると
三笠市内に入り更に行くと桂沢湖手前の左手に見えて来る奔別という文字。
ここが奔別炭鉱の場所です。

以下の暇人マップで場所はご確認下さい。
札幌より岩見沢をこえた先、
夕張の少し北にありますよ。

立派な立坑は見たことがある人も多いはず。
迫力満点です。

※暇人マップ内には様々な場所が載ってますのでご参考までご覧下さい。
※危険な場所も数多くある為自己責任の上ご覧下さい。

奔別炭鉱の奥にはまだまだ残された遺構があります。

扇風機室、

ブロワー、数多く残されている草ヒロ、

※レジェンドクーペ V6ウイングターボ

 

※クラウンS80系(らしい)

 

カローラバンKE70系(らしい)

埋められていない風洞…etc…

炭鉱というものに興味がない方からすると
なんのこっちゃ…という響きでしょう。
まぁ自分も数年前までなんのこっちゃでしたが、
今ではある程度は語れる位にはなったかな。
(界隈の人々は知識が凄すぎてついていけない事も多しw)

最後にyoutube動画をご覧下さい

多くの人に知っていただき、
大きなうねりとなり何とか存続に向かって欲しい。
今のところ今後は全くの未定(ではないかと思われる)ですが。

【廃墟探索】奔別炭鉱 美しき廃遺構群 
https://youtu.be/qymaBZkn514

ではまたいつか更新する時までごきげんよう。

最近のコメント