築別炭鉱・羽幌炭鉱の中心的な炭鉱跡の遺構群を巡る

SNSフォローボタン
ニナをフォローする
廃墟遺構・限界集落・廃村など

築別炭砿

築別炭鉱・羽幌炭鉱の中心的な炭鉱跡の遺構群を巡ると、
歴史の息吹や炭鉱労働者の生活が感じられます。
ここでは、その遺構群をご紹介します。

築別炭鉱ホッパー遺構内部

築別炭砿(羽幌炭鉱)の歴史と重要性

築別炭鉱・羽幌炭鉱は、北海道苫前郡羽幌町にあった重要な炭鉱でした。
羽幌炭鉱は明治21年(1891年)、炭質・埋蔵量が豊富として有望視されていることが
『北海道鉱床調査報文』に書かれています。

築別炭砿の一帯は明治30年頃に入植が始まりもともとは農業集落だったそうです。
1931(昭和6)年に太陽産業株式会社が調査・開発を開始。1939(昭和14)年、築別炭坑と命名され、1940年(昭和15年)に開坑しました。

同年、羽幌鉄道株式会社により羽幌炭礦鉄道の建設が開始し、
翌日1941年(昭和16年)羽幌炭礦鉄道会社と改め順調なスタートを切ったかと思った築別炭砿でしたが、

また同年の1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発。
厳しい戦時体制下に組み込まれ、生活物資や資材、労働力不足が常態化していきます。
順風満帆にスタートしたはずだった操業は、
当初の計画を大きく修正しなければならなくなります。



戦争で厳しい状態だった日本は各炭鉱に増産を要請。
それは操業が軌道に乗らない羽幌の炭鉱に対しても例外ではありませんでした。
1944年(昭和19年)日本は戦争に敗れ終戦します、GHQによって統治された日本は、全国的に石炭産業を重要産業に掲げます。その同じ年に、羽幌炭礦鉄道が開通、変電所が完成、更に羽幌炭砿鉄道病院が開院します。

1951年(昭和26年)には出炭量が大幅に上昇し経営面に余裕が生まれたことにより、
1952年(昭和27年)に本格的な福利厚生の整備を進めていきます。

1953年(昭和28年)には大堅入坑道の完成と、坑口から本社坑口までの約1.5kmを貫通させました。
1956年(昭和31年)には羽幌炭砿鉄道病院の増改築が行われ、内科・外科・産婦人科など、
現在の総合病院のような大規模病院となり、
病床数50、医師4名、看護師など職人40名弱となったようです。
1957年(昭和32年)には築別シャンツェ(スキージャンプ台)や天の沢坑も開坑していきます。
現在残っている選炭工場・貯炭場(ホッパー)は、
1959年(昭和34年)に完成。当時の金額で総工費1.8億円という莫大な工費を投じ、
最先端技術を投入しました。

その後の築別炭砿の発展は目覚ましく、坑口浴場や百貨店などができ、
文化の殿堂と言われた築炭会館(500人収容の映画・劇場)が完成。
ピーク時には6000人以上とも言われています。

激動の築別炭砿~エネルギー革命~

いつまでも続くと思っていた隆盛。
炭鉱街に暮らす人はきっとそのように思っていたと思います。

しかし、それは突如となく終焉を迎える事となります。
築別坑が大きな断層にぶつかり出炭量が大幅に低下します。
それを補う為に別の坑口開発に着手しますが、思うような成果が出ず将来に不安を抱く人々が
この地を離れ始めたことで慢性的な人手不足となり悪循環に陥り、出炭量が更に低下。
そこに来てそれまで石炭産業に依存していたはずの国が
エネルギー政策の転換を打ち出します。

『エネルギー革命』です。

それが追い打ちとなり1970年(昭和45年)閉山となるのですが…

最後の最後まで諦めていなかった?築別炭砿

1967年(昭和42年)には一階鉄筋モルタル二階三階木造モルタル造り3階建の築別炭砿消防団庁舎が完成。スチーム暖房も完備されていて当時では最新設備でした。

また、

1969年(昭和44年)には炭砿アパートが完成。鉄筋コンクリート4階建て4棟、
2DK96戸を備え、家賃・電気水道燃料光熱費全て会社負担。
当時では最新鋭で珍しかった水洗トイレも完備している夢のような生活が待っているはずでした…。

この時点ではこの地を諦めるつもりはなかったのがうかがえます。
しかし、1970年(昭和45年)閉山となります。

炭砿アパートに人が暮らしていたのは約1年。
その後、多くの建物は解体され今に至ります。

 

今も残る築別炭鉱の遺構群

2023年現在残っている遺構群は、

・第一選炭工場・貯炭所
・羽幌炭砿鉄道病院
・築炭会館の映写室跡
・築別炭砿消防団庁舎跡
・坑口浴場跡
・発電所の大煙突
・本斜坑口
・炭砿アパート
・浄水場
・太陽小学校

などです。

選炭工場、病院、浴場、浄水場など
Youtubeの動画を貼っておきますので良ければご視聴ください。

築別炭鉱『羽幌炭砿の中心的巨大な炭鉱跡』〜築別炭鉱の遺構群を巡る散策

閉山後一年で無人集落と化した町の『羽幌炭砿鉄道病院』

羽幌町築別炭砿奥地に眠る大浴場跡地へ【炭鉱遺構】

羽幌町【突如消滅した町】築別炭砿/築別浄水場が美しかった

 

遺構めぐりの注意事項

この地帯は携帯電話/スマートフォンの電波が届かない場合も多く、
熊の出没が常態化している(というか熊の住処)ため、なるべく道路から離れずいつでも車に戻れる位置から観察する程度に留めておいた方がいいでしょう。

一人で探索する事も多い自分がいうのも変な話ですが、
仮に探索するのであれば、一人で行くことはやめ装備はしっかりとしていってください。
また仲間と一緒に行動し熊にこちらの様子が伝わるように音を鳴らすなどしていきましょう。

最後に

築別炭鉱・羽幌炭鉱の中心的な遺構群を巡り、知ることで、
この土地のみならず、
日本の近代歴史や炭鉱など現代までつながる遺産の重要性を感じることできるでしょう。

また、私をはじめ多くの人々がこのような遺構に興味を持ち訪れ、
現地で食事をしたり買い物をしたりお金を使うことで、
周辺地域の活性化や、遺構の保存へ前向きになってくれるのではないか?と考えています。

しかし、
上の注意事項に書いてあることを守らず(守っていたとしても)事故を引き起こしてしまうと、
自治体な後ろ向きの姿勢になってしまうので、
無理のない迷惑にならない訪問を心がけていきたいものです。

ではではニナ(himajine_syasai)でした。
※Twitterやってます。フォローしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました