小樽チャリ散歩。平日の小樽をアナタにお届け。【長橋ー銭函・礼文塚片道25km】

シェアする

こんばんは。ニナ(@ninaritti0313)です。

今日は小樽の長橋の砂留トンネル上から小樽銭函まで皆さんにご案内。

【小樽ディープスポット案内】の別企画的な感じで見ていただければと思います。

ただ小樽の街中をiPhone片手に移動していた感じと見てもらっても結構です^^

小樽駅や、運河、メルヘン交差点など、

大事なトコ行って無い!と思うかもしれませんが、、、走ってる途中に思いついた企画なので取りあえずやるだけやってみるという感じでご了承ください。

では行ってみましょう。






長橋ー銭函をチャリで移動

小樽の長橋の砂留トンネルの上からスタート。海が見えますね。

小樽 長橋

天気は快晴。最高のドライブ・散歩日和。風は冷たくなってきたけど自転車で漕いでいたら軽く暑い。だけど颯爽と走っていると最高に気持ち良い天気でした。時間は午前11時15分。

稲穂町

小樽の中心街稲穂町。小樽駅があるのもここです。しばらくここから稲穂町が続きます。

小樽 柳川通り

小樽柳川通り。若鶏のから揚げで有名な【なると】の本家本元の店があるのもこの通りです。

相変わらずちょっと寂れた感じの通りだ。ここもアーケードになればいいのにな。何て思ってたら何故かほぼ町の中心に新築のアパートが建っていました。ここだと便利だし良いんだけどさ。なんていうか。空いた土地に取りあえず的な感じ。一等地だからこそアパートじゃなくてそこはマンションだろ・・・。と思ったのは内緒。

都通り

小樽駅前方向

都通りの正面から信号待ちに2枚。左上に見える太陽というのも元々パチンコ屋があった場所。パーラー太陽グループ。今は潰れてチェーン居酒屋などが入っている感じです。このすぐ後ろにパチンコ屋が。小樽は中心部にパチンコ屋が何件もある町なんですよね。そのほぼ向かいにさっき言ったアパートがある感じ。時間は11時20分。

都通り

ここにも左手にパチンコ屋が。多すぎるだろといわれるのは中心部にこれだけあるからですかねー。パチンコ好き多い街って事ですかな。タクシーで乗り付けてたご老人も信号待ちの時いたし。

珈琲喫茶 光

とっても苦~~~~~~い珈琲が飲める店。店主が言ってるんだから間違いない。昔からある素敵な雰囲気の店ですよ。張り紙には迷い猫に関する事が書いてます。

都通り

今日は午前中だからか人が多い。自分みたいにカメラや携帯片手に来ている人が数名いたけど、後は皆地元のお年寄りばかり。やっぱりお年寄りだから行動する時間帯が早いんですね。平日の昼間にこれだけの人を観光場所以外の小樽で見るとは思いませんでした。

レンガ横丁

まだ開店前。さすがに午前中からは空いてません。

レンガ横丁中

中はこんな感じ。夕方になると開きはじめ少し雰囲気が出ます。小樽運河の出抜き小路より少し狭いくらいかな。こういう店が好きな人は一度行ってみると良いかも。

花園町

ここからは小樽の飲み屋街花園町突入です。

館

小樽のスイーツと言えば、今では全国的にも有名になりつつあるルタオですが、ある年代以上の小樽民はケーキと言えば【洋菓子の館】、ぜんざいと言えば【あまとう】でしたね。館のケーキーというCMも昔は流れてましたなー。地方局とは言えCM出せるだけ儲かってたって事ですな。一度自己破産をし今は名前を館ブランシェに名前を変え無事復活(?)のようです。頑張って復活して欲しいものです。時間は11時26分。

うえもん

ラーメン屋

花銀通りのJR高架下にあるラーメン屋右衛門。前はここに生ラムがめちゃくちゃうまい【ひつじ】ってお店があったんだけど無くなっちゃったんだなぁ。ちょっぴり残念。ただ、こうやって別の店が次々循環するのは別に悪い事じゃないですな。空き店舗のままよりは。今度行ってみようっと。

ここからずーっと登って行くと

花園グリーンロード

グリーンロード

花園グリーンロード。小樽潮まつりのねりこみ踊りのスタート地点。ここに時間になったら集合して順次チーム毎に小樽の第三埠頭まで約2km程を踊りながら移動していく感じです。

小樽版大通り公園って感じ。全然大きく無いですが。ここももうちょっとキレイに整備したら人が集まって良いと思っているんですけどね。この寂れた感じも何とも言えませんな。まだ11時30分です。

ツルヤ餅菓子補

ツルヤ餅

何とも言えない写真になってしまいました・・・。ツルヤ餅菓子舗。

餅 税込み

税込み130円

写真に撮っていいですか?と言うと、見栄えそんなに良く無いけど言いですよ。と優しく言ってくださった女性の店員さん。

チャリ旅中に腹減った時用にと、豆大福2つと草大福を2つずつ購入。しめて520円なり。

この大福が美味い!草大福の色が非常に濃いけど、香りも濃い!あんこの香りに負けず香りが広がります。草大福と豆大福は良い塩梅に塩がきいたつぶあん。豆の堅さも柔らか過ぎず、豆の風味もしっかり生きていてコレはマジで上手い。

大福の硬さも丁度いい感じ。コンビニですら大福が100円以上する時代に専門店でコンビニ大福なんかよりもずっと大きい大福を130円で食べられるなんて良心的過ぎますがな。

絶対に行って欲しい餅屋さん。無くならないで欲しいなー。

小樽病院ーウイングベイ小樽

小樽病院

小樽を二分させた小樽病院問題。ヘリポートもありなかなか立派なものが建っています。

小樽で新しくて目立つ建物って大抵病院か高級老人介護施設。何とかならんのかいな・・・。

勝納川

勝納川

勝納川とそれに架かる真砂橋を1枚。勝納川もキレイになったものです。ここ数年は鮭も遡上しているとのことですが、今年はどうかな?もう鮭のシーズンとっくに来てるけど。

上から見た感じだと遡上は確認出来ませんでした。

南樽市場

なんたる市場。何たる市場ではなくて南樽市場です。かけてるのかな?(笑)

新南樽市場も出来たけど、何だかんだでここは小樽市民の台所と言って良さそう。

ここは昔ながらの市場らしく活気があっていいですよ。ちょっとだけ立ち寄ってみるのもおすすめです。

踏み切り

南樽市場を過ぎ左折、潮見台小学校を過ぎたところにある踏み切り。

踏み切り

そこを越えて高速の手前を右に行くとある道。小樽イオンのすぐ前の道ではなくて、国道5号線との間の人があまり通らない道です。

こういう道を通ると小樽ってツギハギの町だなぁと実感。あちらこちらに小さな新築アパートがぽつらぽつら。とりあえず空いた所に作っちゃえYO!みたいな感じが非常に感じる。

札幌市みたいに10年毎に大通り地区、駅前地区の開発を順にしていくみたいな、計画性が欲しいなぁと思ったり。

ウイングベイ小樽ー東小樽交差点

マイカル小樽

この建物とこの天気。この建物の裏には海があります。バツグンにキレイ!と見せかけてからのー、

鉄道

築港

鉄道 鋳物

すぐ向いにコレ。元々ここの土地はJRの土地だったので仕方が無いですな。レラとかある南千歳も確かこんな感じだったような?記憶が曖昧だけど。

間近で鉄道の敷設されてないレールが見る事が出来ます。これもJRで作ってるって凄いよなぁ。

木の実

とりあえず何となく撮ってみました。

道はこの実がゴロゴロ落ちていて大変な事になっています。時間はまだ11時50分。

イオン小樽 端

解体現場

小樽ベイシティにあった観覧車の解体作業中。なかなかこんな観覧車見る事出来ないですよね。

ここ数年、この観覧車は夜景用としてだけ稼動しており人は乗ったりすることは無かった。無駄だから撤去して海外に売られてしまう。何故作った時にもっと綿密に練らなかったのだろう。周辺の整備ももう少し考えて作れば多少は違ったんじゃないかな。この観覧車は思い出がたっぷり詰まっているからちょっぴり残念です。

小樽の夜景に咲く一輪の華は少し近未来的で嫌いじゃなかったですよ。それももう見る事は出来ないけど。確かに無駄かもだけど、その無駄も許せるくらい余裕が生まれる事を願うばかりです。

小樽築港駅

小樽築港駅。この駅が出来た時はこの上に新幹線通るように作られていると勝手に思ってましたけど、全然違いましたね。多分小樽で一番立派な駅。

イオン 向い

イオン 向い

マンション

築港駅とイオンの横にあるマンションと公園。車で通っている時は感じないけど、この地に立って見てみると、思っていたより悪く無い感じ。

ただ夜はホント微妙。だからこそ観覧車が勿体無い。

観覧車 解体現場

観覧車の解体現場ほぼ真横から取った写真。観覧車の足下に鉄骨が置かれています。後何日で完全に無くなってしまうのだろう。雪が降る前に終わらせたいだろうけど、今日の雪虫の大量発生を見ると近々雪が降るから間に合わないだろうな。

海

海

おたるみなと資料館

おたるみなと資料館。行った事は無い。

HPによると、

■概要・見所 小樽港建設の歴史をふりかえる貴重な資料、写真、模型及び実際に使用されていた工具などを展示しているほか、ビデオを上映して先人たちの知恵と努力が息づく歴史的価値のある築港史が展開されています。

http://www.northerncross.co.jp/bunkashigen/parts/814.html

だそうです。ここから少しの間海を臨みながら走ります。

銀燐壮

日本海

日本海

右を見ると銀燐荘。左を見ると日本海。この場所から小樽祝津と、3枚目の向こうに見えるのが浜益方面。写真では確認しづらいですが、増毛(ましけ)まで見えています。

石狩新港

右の方に小さく見える場所が石狩新港。今日は本当に天気が良い。最高のチャリ日和です。

線路上

これが熊碓の海岸。小樽っ子は今のようにドリームビーチが出来る前はここに来ている人が多かったですね。更に昔は蘭島に札幌から海水浴シーズン用の列車が運行されてたそうなんですけど、それが無くなってからはここが凄くなったんだとか。

小さい時は自分もここで泳いだっけな。

ちなみに自分が小さい時は今では秘境駅と言われている張碓駅にも夏限定で止まってましたよ。

軽く脱線しましたが。

海

これから向かうのはあの岬のさらに向こう。まだまだ先は長い。時間はやっと12時ちょうど。

これだけゆっくり写真撮りながらきたのに案外早くここまで来れたというのが感想。

東小樽交差点ー朝里

東小樽

桜町

東小樽

東小樽の十字街を左に、さらに進みます。北海道民の味方セイコーマート。

写真の意味は特になし。ここからゆるやかに登っていきます。時間は12時7分。

元ガソリンスタンド

元ガソリンスタンドがあった土地に新しいアパート2棟。うん。アパートが増えるのは良いけど、、、そのまま使えるものを再利用するのは良い事だけど、昭和シェルの文字くらい消しておこうよww

祝津

国道5号線

ここから軽く下る感じ。下に降りる事が出来る階段がある?

階段

何故か途中で切れてました。これどうやって降りろっていうのですか。。。

朝里

朝里

朝里橋から下を覗き込んだ写真。小樽の朝里市街に入り少し平坦に。つかの間の休息。とりあえずこの先の自動販売機で水を買って水分補給です。ちなみに大福はまだ食べてません。

峠入り口

柾里

柾里。朝里の向こうは柾里。ここで小樽の市内のバスは終了となります。そしてここから峠。

ちょっぴりしんどいですが頑張っていきます。時間は12時17分。ここから大幅に時間がかかります。

朝里峠

車だとあっという間の道でも自転車だと時間が・・・。小樽側はゆるやかだからまだ良いんですけどね。銭函側は少し急なんです。行きはよいよい帰りはこわい(小樽弁?で疲れるの意味)って感じですかね。

ロードバイク

ロードバイクのりのオジサンが涼しい顔ですいーっとあっという間に走り去っていく。あまりにも早すぎて唖然とする。そしてこの頃、お尻に痛みが。ずっと登り坂に悲鳴を上げるかのように、痔限爆弾が作動し始めたようです。頼むから帰りまで持ってくれと願いつつもうひとフン張り頑張ることに。ここまで来て目的達成しなかったら意味なさすぎですもんね。

日本海

雪虫大量発生

日本海がキレイなので取りあえず橋の上から一枚。すると写真には写らないけど雪虫が大量発生していて超絶びびる。でも、そんな事を忘れさせてくれるのが俺の22年間の相棒。痔限爆弾。

このタイミングでズキズキし始めるってことはタイムリミットが近いから早くしろって教えてくれているんだね。

さすがすぎるぜ。お前さん。俺の事を良く理解してくれているね。ありがとう。とりあえず相棒に尻を引っ叩かれるように馬車馬のように自転車を漕ぎ始め雪虫の大量現場から逃げ出す事に成功。お陰で雪虫でおなかいっぱいになったおwww(鳥肌たったらすみません)

雪虫 トンネル

トンネル

銭函方面到着

銭函側

トンネル前にも雪虫が。水がある所から大量発生しているんでしょうね。FFのオーディンのつもりで雪虫を一気に蹴散らしてやりましたよ。時間は12時37分。

銭函

銭函

あと少し。もう少しで朝里峠の頂上です。そこまで行ってしまえばジェットコースター!一気に下っていくだけ!

2015-10-06 12.40.51

ほぼ頂上へ。後少し。景勝園のすぐそばまで行けば後はもうゴールするだけ。

日本海

とりあえず一枚。

下り

ここから下りです。左に行けば景勝園があります。

橋から一枚

橋

日本海と橋の下。

下る

さらに下る

札樽道

札樽道

上に見える橋が札樽道。近くから見ると非常にゴツくて力強い。

軍事道路側

この道路を渡って右側に行くと先日お伝えした旧軍事道路の場所になります。これだけ天気よければそっち行っても良かったかなぁ。とちょっぴり思ったり。

張碓

張碓

張碓到着。今回はこの企画とは別の目的があり張碓ー銭函まで来たのでほぼゴールです。

ただもうちょっと行ってみましょう。時間は12時49分。

高速真下

高速真下

高速道路真下から。この上を何トンものトラックや車がビュンビュンと何十年も走り続けているのは日本人の技術は凄いと思いますね。見た所痛んでる感じが全くしない。

張碓 入り口

張碓町入り口。かつてビートたけしの別荘があったとも言われる場所。先日向かった忍路のような地区とはまた雰囲気が違って、独特の雰囲気がありますね。

小さいながらも墓地があってすぐその目の前に民家が数件たっていることにも驚き。

さらに下っていきます。今回は張碓地区は紹介しません。

ペリーゴール先

張碓を越えてペリーゴールを越え、軽く山を越えた先にビューカフェという新しいカフェがあります。そこを少し越えると左に入る道があります。そこからの一枚。

遠くに見える岩。JRで札幌ー小樽間を通ると見える岩。恵比寿岩が見えます。張碓ブルーの海じゃなかったのが非常に残念。そして後少しでゴールです。

ゴール

そして、ここに来てゴール。礼文塚もまた別の機会に書かせてもらいますが、今回の目的、銭函礼文塚に到着です。

ここから今度は引き返す感じ。痔限爆弾は下りだったから大人しくなってくれているので後は変えるだけ。時間は1時27分でした。張碓地区など寄り道したり写真撮りまくったりした割には2時間14分ですから自分にしては上出来です。

ここまで来れたら普通に走る分には札幌まで自転車で行けそう。来年挑戦してみよっかな。

帰り道

と言う訳で、ここからは帰り。

帰りはほとんど充電が無く写真も数枚しか撮れなかったのでまとめて貼りますね。

東小樽

東小樽

東小樽

おたるみなと資料館横

2015-10-06 15.13.27

公園

イオン横

2015-10-06 15.15.21

イオン 

最後に

以上、小樽長橋から銭函の礼文塚まで自転車でまわるプチ旅企画、小樽チャリ散歩でした。

本気で疲れましたが心地良い感じ。

観光客の方があまり通らないような道も通ったつもり(途中から)なので見た事もない場所があったのではないかなと思います。

小樽には何度も来てるけど、こういう場所も行ってみたかった!という参考になれば嬉しい限りです。

今回も小樽チャリ散歩というグーグルマップを作ってみたので大体のルートは分かると思います。是非参考までに。

もし何か分からない事や質問などあればツイッターかコメントでお願いします^^

ではでは、またお会いしましょう。

ニナ(@ninaritti0313)でした。



気になる記事があればシェアして下さいね。
follow us in feedly

シェアする

フォローする