【ボクシング】三浦隆司vsビリーディブの結果と感想。

シェアする

こんばんわ。
ニナ(@ninaritti0313)です。

三浦隆司 ビリーディブ

今日はゲーマー状態でひたすらブレフロの
記事書いてたんですけど、
いよいよニナの本領発揮しますよ!!w

さて
今日はボンバーレフト三浦隆司が
防衛戦に挑むのですが、






ビリーディブって?

そもそも相手のビリー・ディブって誰よ?って
話ですよね。

ビリー・ディブは
2009年日本の山口賢一と言う選手と
戦っているようで
1Rに2回ダウンしているようですね。

しかしノーコンテストという結果で終わっています。

6年も前の話です。

戦績は?

ビリーディブの戦績は
43戦39勝(23ko)3敗1分

戦績だけ見ると
なかなかの選手。

3敗中2敗も
グラドビッチに負けてる2敗なので
仕方が無い所はあります。

グラドビッチは未だ負けなしの
20戦19勝1分の選手。

その前の負けも
WBOフェザー級タイトルマッチで
スティーブン・ルエバノに
判定負け。

3敗中2回が判定負けという所、
ko率を考えると
なかなかタフな選手と考えていいでしょう。
間違いなくクリンチワークなどの老獪さ、
12Rは戦いきれるスタミナはもっている。
※グラドビッチのko率を考えると微妙な所もありますね。

そんな選手を

三浦はそれをどう倒しきれるか見もの。

ちなみにビリー・ディブ
2010年以降の戦績は
17戦して15勝(11ko)2敗
こう考えると相手が強くなっているにも関わらず
KO率を維持しているように見えるので
案外苦労するかもしれない。

と、思わせていたところ、

2Rに
いい一発かまして
場の雰囲気が変わりました。

その後大振りになるのは
三浦としてはよくないですが。

ホームタウンデシジョンを考えなくても
三浦が勝った!という試合を期待していましたが、

そんなこんな風に

キーボードに
打ち込んでいる最中に
凄い腰入った左入っちゃいましたね。

ロープに逃げて
体弾かれた所に
凄い左入っちゃったという感じ。

その後に
右当ててからの左。

あれは
立てないでしょう。

こうなってくると、
次は
同じ日本人対決、
内山高志との再戦もあるかも。

今の所
同階級内で
一番パンチが強いのは
内山高志だとニナとしては思っていますが、

これだけの戦いをした
三浦隆司。

同じ

たかし対決に終止符を打って欲しい気もするし、
もっと別な形で結果を残して欲しい気もする。

前回の高山vs三浦戦から早4年。

高山は相手がいなくて
思った程キャリアを増やせない一方
三浦はあれから着々とキャリアを増やしています。

伸び盛りの三浦と落ち目と言われる高山。

もしかするとお互いもう一戦挟んだ(もしくは次戦)くらいにして

大晦日あたりには

日本人同士の統一戦も見られるかもしれないですね。

そう考えると
胸熱。

この調子だと
三浦は高山との内輪対決は無くとも
ラスベガス進出は
あるかもしれないですね。(そうなると民放放送なくなるかもだけどねw)

今後のボンバーレフト三浦に期待したいところです。

ではでは。
今後の三浦隆司に期待しつつ。
ニナ(@ninaritti0313)でした。

内山高志とユリオルキス・ガンボアの試合は実現するのか?