井岡一翔9・27の対戦相手、ロベルト・ドミンゴ・ソーサ戦展望。

管理人が可哀想だからシェアしてあげる

こんにちは。
ニナ(@ninaritti0313)です。

井岡一翔の初防衛戦が9月27日に
TBS系列で放送されますね。

と、いうことで、
井岡一翔vsロベルト・ドミンゴ・ソーサの一戦の
展望をちょっと書いてみたいなと思います。

井岡一翔 ソーサ

皆さんはこの試合、
どのような感じで捉えていますか?
楽勝ムード漂う雰囲気すらありますが、
実際はどうでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

楽勝ムードすらあるけど実際は?

戦績は
29戦26勝2敗1分14KO。
これだけを見れば
まずまずって所でしょうか。

もう少し掘り下げてみましょう。

このロベルト・ドミンゴ・ソーサという選手、
ここ5試合で2勝2敗1分と少々元気が無い選手ですね。
最近元気が無いソーサに対し、
井岡には正直圧勝して欲しいと思いつつも、
では実際に圧勝できる程、
楽な相手か?という所ですが・・・。

後のIBFチャンピオンに勝利した実績有り

IBFスーパーフライ級王者(既に返上)の
ゾラニ・テテに勝利した事あり。
もちろん、テテがチャンピオンになる前の話ですが、
ソーサは2012年にテテに勝利しています。

その後、テテは5連勝、一方ソーサは
負け、勝ち、負け、勝ち、分けと
イマイチでした。

油断禁物

だから、楽勝ムードが漂っていますが、
油断は禁物。

ソーサの身長などのプロフィールは調べられなかったですが、
テテと比べた感じだと162~3くらいといった感じ。
井岡よりも身長は小さくリーチも短いとは思われますが、
169cmで171cmのリーチがあり、
サウスポーも苦にせず(井岡は右だけど)
どんどん前に出てきた事を考えると、
必ずしも楽とは言いきれないでしょう。

見た感じは、
中距離から積極的に入り込み、
体めいっぱい延ばしてのストレートを打ち込む感じが
リーチを長く感じされるように見えます。

ボディから顔へと
上下の打ち分けをしっかりしてくる感じで、

KO率は決して高く無いけど、
強いパンチを積極的に打ち込んでくるので、
ロープに詰められたら危ないかも。
井岡はしっかりと足を使って入り込んでくる相手に
ジャブで距離をとって戦って欲しい所。

スピードは井岡に軍配か

ただ、スピードは明らかに井岡の方に分があるので、
雑なパンチもちょくちょくある感じなので、
カウンター一閃で短期決戦も無くは無いけど。

また今回ソーサは、階級を下げての挑戦なので、
それがどう影響するかという所。
ソーサの見た目の身長的には、
ライトフライ~スーパーフライくらいの雰囲気なので、
ナチュラルな所かな?という感じ。

落とした分のスタミナには恐らく問題ないし、
今までより軽くなった分スピードなどがどうか。
そこもみてみたい所。

予想は・・・?

雑魚狩りマッチメイクと言われていますが、
井岡と比べるとソーサは
言う程雑魚とは言いきれないですね。

井岡も三階級制覇をする為に、
どんどんと階級上げて来たタイプだし、
以前と比べ判定勝ちが多いから、
雑魚狩りマッチメイクと言われても仕方が無いけど、

雑魚狩りマッチメイクと言われる割には、
微妙な判定勝ちという所が多いですからね。
相手を雑魚と言える程彼は圧倒的に強く無い。

もちろん、
彼を擁護する材料としては、
相手が強くなったから当然という見方は出来ますが、
じゃあ、その相手らは、
そこまで凄いボクサー?と言われると
残念ながらNO。

見解

だから、自分としては、
雑魚狩りマッチメイクとは言われても仕方が無い
部分は確かにあるけど、
雑魚と言える程井岡は強く無いという見解です。

ただ、ここは他の人も言うように
KO勝ちしなければならないでしょう。
雑音を黙らせなければならない。

勝っても微妙な判定勝ちなら、
評価は当然上がらない。

で、予想としては、

日本人選手ということで、
期待と希望を込めて、
10RにKO勝ち。という予想にしておきます。
当たる自信全くないけど。

手数で勝負

序盤からスピードと手数で勝り、
入り込んでくる所にカウンター。
ボディ打つ時特にガードがら空き状態。
そこを狙いたい所。

というか、ガードが甘いので
どんどん狙って行きたいかな。
相手の目が腫れorカットし見えづらくした所を
ひたすら狙っていきたい。

後、気をつけたいのが
結構頭から入ってくることが多いから
バッティングも気をつけたい。

ただ、井岡一翔は
手数が少ないんだよなぁ。
そこが何とも言えない所ではある。

井岡に限らず日本人ボクサーは相対的に見て
手数が少ないんだけど。

まとめ

正直、まだまだ井岡は若いんだから、
記録ばかりに囚われないで、
どんどんと色んなタイプと戦って
引き出しを増やしてもらいたい。

ボクシングと言っても
様々なタイプがいて、
構えにも違いがあったり、
メキシカンとか、
フィリピンとかもあるし、

強引で
ラフなタイプかとか、
組み合わせたら色んなボクサーがいる訳ですね。

更にスピードがあるなし、
パンチが強い弱い、手数が多い少ない、
ボディ打ちが上手いとか。

挙げたらキリがないほど。
そういう色んな選手とやりながら
戦績を伸ばして引き出しを増やして貰いたいんです。
これは井岡だけじゃなく、
日本人選手全体にいえる事なんだけど。

無駄に最短記録とか目指しすぎですね。

なので、色んなことを試しつつ、
世界の上を目指していって欲しいですね。
そして、記録ではなく今後は、
記憶に残る試合をしてもらいたい。

記憶に残る試合が出来る人間は
おのずと記録にも残る選手になりますからね。

と言うわけで、
井岡一翔の対戦相手、
ロベルト・ドミンゴ・ソーサは楽勝か?どうかは、
言う程楽勝な相手じゃないよ。

でも井岡が勝ってくれなきゃ困るよ。
という事でした。

ではでは、
また。

ニナ(@ninaritti0313)でした^^

もしよければコチラもどうぞ。

高山勝成と原隆二9.27の試合展望。勝山は防衛出来るのか?予想してみた。

追記:予想結果や感想を書いてみましたのでご覧下さい・・・

井岡一翔vsロベルトドミンゴソーサ、高山勝成vs原隆二のW世界戦を見た感想と予想と結果・・・w

気になる記事があればシェアして下さいね。
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサードリンク

管理人が可哀想だからシェアしてあげる

スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です