うちの子は大丈夫!それホント?うちの母が犬に襲われました。

管理人が可哀想だからシェアしてあげる

こんにちは。
ニナ(@ninaritti0313)です。

母が犬に襲われた

ペットの飼い方でご近所トラブル。
なんてことも最近テレビ等で見かける事も多くなりましたね。

まさか

自分の身にそんな事が起こるなんて
思ってもいなかったのですが、
起こってしまいました。

先日実家にいた時に起こった事を
そのまま書かせていただきます。

スポンサーリンク









母が犬に襲われた

先に結果から書かせていただくと
怪我も無く無事でした。
ただ、後一歩遅かったら
咬まれて大怪我していたことは
間違い無いでしょう。

相手はラブラドールレトリーバー。
お利口な犬として有名ですね。
中型犬です。

これが万が一、
よくテレビで報道されるような土佐犬や
シェパード等の
大型犬なら恐らく母は亡くなり
ニュースとなっていたことでしょう。

事の始まりは・・・

4時間前

事の始まりは
その4時間前に遡ります。
母と一緒に近所を歩いていた時の事。

後ろから突然、

「うーワンワン!」という声が聞こえ、
ふと後ろを振り返ると、
中型犬が後ろから走って来ようとします。

その距離10m程はなれていましたが・・・

最初自分はさすがにリードに繋がれているだろう
と思って油断していたので、

随分長いリードで自由に歩かせているんだな・・・
程度の認識でした。

で、

無視して
犬とは反対方向に向いて歩こうとした途端、

「グルルルル・・・ワンワン(実際はこんな可愛い吠え声じゃない)」

と、すぐ後ろから大きな吠え声が聞こえたので
また後ろの方を見ていると
リードなんてそもそも繋がれておらず、

牙を剥き出し敵意剥き出しで、
気付けば目の前3m程の所まで走ってきている
犬がそこにいました。
※飛びかかる1秒前みたいな感じ

取りあえず母を先に自宅に行かせ、
自分は臨戦態勢に。

相手は中型犬。
万が一腕を咬まれても思いっきり鼻っぱしらを
ぶん殴れば何とかなる。(犬の鼻先の神経は人間の1000~1億倍と言われている)
とりあえず首を守る事で
自分も死ななければ、

少し殴ったくらいじゃ
相手も死ぬ事は無いだろう。
そう思って身構えました。

すると向こうもこちらに気づかれたからか、
殺気を感じたからか、
ピタっと止まってくれたのです。

ただ、
このまま自分も後ろに下がったら負けだと、
じりじりと距離を縮めました。

よくよく犬を見てみると
尻尾は後ろ足の間に丸め込み、
完全にびびっている模様。

このまま見つめあうこと10分。
向こうもマズイと思ってくれたのでしょう。
すごすごと退散してくれ、
この時は何も起こらずに済みました。

ただ、
母には極力ここは一人で通るな。
犬が万が一またリードに繋がれていない事があったら
後ろ姿を見せるな。見せたら襲い掛かってくる。

だけキツく注意をしていたのですが・・・

2時間前

そして母が襲われる2時間程前。
第一被害者が。

自分が実家2Fでくつろいでいると、
また先ほどの犬が
「ワンワン」と異常な程吠えています。

そしてそれから数秒後、

「きゃぁぁぁぁ」

と言う叫び声が。
窓から外を見ると中学生くらいの女の子でしょうか。
後ろ向きに歩きながら
坂道を上がって行くのが見えます。

しかし犬の姿は窓からは、
見当たりませんでした。

とりあえず、女の子は
自分の家に入っていくのが見え、
怪我も無く済んでホッとしたのは言うまでも
ありませんが、

と、同時に

飼い主に対する怒りが
沸々とこみ上げてきました。
また近く通る事があったらマジでやばい。
飼い主の自宅に注意しに行ってやろう。
と、思っていたのですが、、、

襲われた瞬間

母が襲われた時、
実家でやることもない。

正直

暇だったで、2Fの部屋で
筋トレを黙々とやっていた時の事でした。

「キャッ」

と、先ほどの若い子の声とは違う
悲鳴とも何とも言えない声が
外から聞こえてきます。

その一瞬で相当緊迫している事は
分かりましたし、
母親が襲われた!?というのは
分かりました。

窓を見てみると
隣の駐車場で尻餅をついている母親と
その真横、、、

今にも上から噛み付こうと
母親に対峙している犬が。

取りあえず
自分が2Fから大声を出しながら
1Fへ行こうとした瞬間、

同じくその声を聞いていた
1Fにいた父親も
コラーと大声を出しながら外へ。
(焦って足を滑らせ転倒し怪我をしました^^;)

そして自分も階段を駆け下り、
取りあえず素振り用のバットを手に持って行き
犬を追いかけました。

万が一この時母親が咬まれていたりして
大怪我させられていたら
間違いなくその犬を○していたでしょう。

取りあえず、
犬を追い払い、怒りの収まらない父と自分は
その飼い主宅へ突撃。

すると、留守中なのか不在。
窓も玄関のドアも開いていたから
誰かしらいるかと思いきやまさかの不在。
(田舎だからって無用心過ぎるだろ)

そして玄関には
更に大きい犬がゲージの中
入れられっ放しでした。
飼い主は小さい方の犬だし人を襲ったりしない。
とでも思ってゲージにもつながずしていたのでしょう。
※近所等に確認すると普段からつないでない事が度々あったそうです。

この時は、
こみ上げる怒りを抑え、
飼い主が帰宅したのを見計らってから
注意しに行く事にしました。

その後

母親には何故あの場所を再び
通ったのか聞いた所、どうしてもその道を
通らないといけない理由があったのだとか。

そして、犬もいなくなっていて安心して
家の目の前まで来ていた所、
ふと見ると犬が居た。
正直油断していた。
だそう。

そしてふと後ろを見るとすぐ目前に犬がいて
驚いた事によって
咄嗟に大声をあげてしまったのだとか。

反撃しようと思わなかったのか?

手に石を持って反撃しようと思ったが、
飼い犬であること、その後を考えたら
躊躇してしまったのだそうです。

相手は黒のラブラドールレトリーバー。
中型犬。
自分から見れば小さいですが。。
うちの母親は150cmもない
小柄なお婆さんです。(60代)

だから犬も勝てると思って
なめてかかってきたのもあるでしょう。

大人の男性から見れば小さいものでも
母親から見れば相当な恐怖があったのは
間違いないでしょう。

大型犬だったら・・・

これがもし、
土佐犬などの大型犬であったら、
母親はもちろん、
自分もこの世にいなかったかもしれませんね。

今頃全国ニュースです。

飼い主はこの犬は小さいから大丈夫。
ここは人通り多い場所じゃないから大丈夫。
うちの子はそんな事はしない大丈夫。
なんていう油断があったのでしょう。

飼い主宅へ

夜8時を過ぎて、
飼い主宅の窓から光が洩れていたのを見、
自分は注意しに行く事に。

すると、

飼い主宅の主人が出てきたので
近所の子が襲われたこと、
母が襲われたこと、
二人とも怪我は無かった事を伝え、

今回はゲージが外れちゃったのかもしれませんが、
今後は注意して下さいね。という程度に。
(次あったら○スぞボケェとは言っていない)

すると、向こうの
引っ切り無しに謝罪し、
その後は何事も無く犬が放置されている事は
無くなったようです。

最後に・・・

今ではこの話は笑い話として
済んでいます。

もしあの時、俺も父も誰もいなかったら
中型犬にかみ○されていたかも。

大型犬ならまだしも、
笑い話だったかもねwなんて
言ってるくらいです。

そして怪我人は何故か
犬とは関係無い父親だけとして
笑い話に。

ちょっと余談ですが
普段全くと言って何もしない父が一番最初に
母の所に駆け寄ったのは
母には頼もしく見えたでしょうね。
※転んで怪我したけど

これは何事も無く、
相手の飼い主も今はちゃんとしているからこその
笑い話ですが・・・

飼い方のマナーでご近所トラブル。
よく聞く事ですが、
まさか自分が実家にいる時に
このようになるとは思ってもみませんでした。

飼い主の方からすると
まさかうちの子が・・・

と、思う事でこのような
トラブルも引き起こすのだろうと
思った一件でした。

犬に限らずペットのトラブルは
よくありますね。

今一度、自分だけは大丈夫と思うのではなく、
自分のペットの飼い方を客観的に見てみると
このようなトラブルを未然に防げるかもしれませんね。

今回、
このようなサイトを見つけたので
参考までにどうぞ。(犬用のですが)

犬との生活で起こりうる近隣トラブルを防止

最後になりますが、
犬(ペット)には何ら責任はありません。
彼ら動物が悪い訳では一切無いのです。

あくまでも、
飼い主が管理をしていないから、
引き起こったトラブルです。

彼らペットも被害者でしょう。
もし、人を怪我させたなどとなると
保健所行きだって有り得る話です。

そんな可愛そうなワンちゃん達を
出さない為にも、
生き物を飼うということの自覚を
飼い主側の人間には、
しっかりともって欲しいものです。

ではでは。
ニナ(@ninaritti0313)でした。
もし宜しければシェアして下さいね。
またね^^

気になる記事があればシェアして下さいね。
follow us in feedly

スポンサーリンク




管理人が可哀想だからシェアしてあげる

スポンサーリンク




コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です