ブログネタは探しはネットよりリアルで探せ!ブログネタに困らなくなる心構え1点。

シェアする

おはようございます。
ニナ(@ninaritti0313)です。

みんなアフィリエイトブログネタ
yahooやgoogleで検索しているんだなぁ。
何故そこまでしてネットで検索するのだろう。

正直大した稼げてない自分が言っても
何の根拠も無いかもですが、
みんなが検索して見つけられるようなネタなら
そんな意味無いんでないの?と思ってしまいますね。

検索して需要があるか無いかを調べる事は必要ですし、
今後どのようなライバルがいるのか?などを調べる事は
絶対必要ですけどね。






ネタはどこにでもある

正直、ネタなんてどこにでも転がっていますよって話しです。
アフィリエイトもブログも
特に決まりは無い訳ですから
好きなようにやればいいわけで。(最低限のルールは守った上で)

ただ、自分で書きたいか書きたく無いかの
フィルターがかかっているだけじゃないかな。

そもそも
ブログで生計立ててる人あたりは、
書きたい書きたく無いというレベルでは書いてない。
広告に合わせて明らかに記事書いている人も。
これはアフィリエイターとして間違って無いし、
とやかく言われる事でもないけど。

ブログネタをネットで必至に探す手間をかけるくらいなら、
そういうブロガーの記事を見る事をオススメします。

三十路男の悪あがき

Love2Lavo.com

この人たちは素で天才なんじゃないかと思ってますけど、
見る事で感じるものもあるでしょうし。

見たりして真似しているうちに
自分らしい文章も書けるようになりますからね。

そして、とにかく書く!
最初は書いて書いて書きまくる!
自分でその間隔を掴むのが良いと思います。

ブログ記事のネタなんて何でもいいんですよ。
引越ししたなら引越しの事や
その地域の事を書いても良いだろうし、

アフィリエイトになりそうなものを見たら
yahooリアルタイムで検索して
話題性があるかどうかを見て記事を書いてもいいし。

どうしても、
アクセスがネタが思いつかないのであれば、
この本を読んで
キーワード選定の方法を
覚えてみてはいかがでしょうか?

[amazonjs asin=”4798038687″ locale=”JP” title=”アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則”]

それでもネタに困るなら・・・

このような記事も書かせてもらったんですが、
もうブログネタに困らない!毎日更新する為のたった一つの方法とは?

これを参考にしてみて下さい。

また、今から書く事は
ソレ当たり前!といわれたらそれまでですが。
取りあえず最後まで見てやって下さいね~^^

書くネタが無い?それ本当?

上のリンク先では、
取りあえず適当にキーワード拾ってきて、
それに併せてマインドマップを展開、

そこから、どんどん枝分かれさせたキーワードを元に
記事を書いていく。

そんな方法を書かせていただきました。
しかし、それだと書きたく無い事も書けるようになるという前提がある為、
ブログ的に、
絶対に書きたく無い事はブログにしたくない。という人には
向かない方法でした。
※毎日書きたい人には絶対有用ですが。

なので、今回は書きたい事が無いという人に
一つの提案として、書かせていただきます。

前置きが長くなりましたが、ここからが本題。
書くネタが無い!と悩んでいる人は、
「書きたいネタ事がない」という事なのでしょう。

だとしたら、
書きたくなるネタを自ら増やしてみたらいかがでしょうか。

ニナの場合

例えば、自分の場合ですと、
元々、本当にど~でもいい事を書いてたブログで、
何かを発信してみようとか、そんなのも全く方向性を決めずに
このブログを始めたんです。
でも、そうしているうちに、
ど~でも良い事なんて書かなくても良いわけで、
本当に書きたくなるような事が全く思い浮かばなかったんです。

常に面白い事が思いつくような人間ではないですし、
そもそもが無理だった。

なので、
途中、トレンドブログ的な記事も書きました。
※削除済

ただ、書きたい事を書くといっても、
アクセスありきで書いてるような気がして、
それ自体は悪い訳じゃないんだけど、ブログの方向性とかを決めて行く時に、
それは無いだろうということで、
トレンドブログ的な記事はやめました。(ゴシップネタとか)

でもそれをすると、
突如として書く事に困ったんです。

書きたい事を増やした

なので、

途中から大好きなボクシングの記事を書くようにしたんですね。
最初は不安でしたよ。
思ったように書けるか?何ど素人ブッ込んだ事書いてんじゃボケ!と
批判されるんじゃないかとか(笑)

それでも書ける事が断然増えましたね。
しかし、これだけだとやはりボクシングブログとしてやったほうが良い。
※と思えるくらいボクシング記事に偏っていた

だから、
プレイしていたゲーム記事を書くようにしたんです。
しかし、廃プレイヤーではないので
どうしても一線級のダンジョンは当時クリア出来なかった。

だから、廃プレイヤーじゃなくてもここまではクリアできまっせ!的な
ノリのゲーム記事を書く事にで、一般ユーザーでも何とか攻略出来るよ?
というのが伝わればとゲーム記事を書いている訳です。

ただ、
これだけだと、
どうしてもゲームとボクシングブログになってしまうから、

突発的にイベントとして、
馬の面を被ってアホやってみたり、
廃墟に行ったりしてるんですね。

これは戦略的ではないかもしれません。
あまりにも雑多なブログになりすぎるかもしれません。
ただ、それでも、
誰もやらない(かもしれない)事を愚直にするだけでも
オリジナルなブログになるじゃないですか。

仮に、
薄っぺらいブログに思われたとしても。

自分の場合ですと、
そもそもが本当に書きたい事もなく、
ただただ暇人だからこんなもんで良いだろう。と、
何も考えずにスタートした為、

このような修正するに至ったということはおおいにあるでしょう。

大抵の方は、最初からある程度書きたいことが決まっていて、
ブログを更新していると思います。

それでもブログを更新していると、
どうしてもアクセスが欲しくなる。
当然です。
そうすると先輩達は毎日書いた方が良いと言うから、
書かなければ・・・でも書く事が無い。どうしよう。

という流れなんじゃないかなと思っています。

だったらネタを増やせば良い

お前と違って書きたい事を元々書いてるから
そんなに増やせね~わ!

と、思う人もいるでしょう。
ただ、そんなにネタを増やすのって難しいでしょうか?
自分はネタを増やすこと自体はそれ程難しい事だとは思っていません。

趣味を増やせばネタが生まれる

今まで、趣味の事を書いてた人だとしたら、
また趣味を増やせばいいんです。

自分は、浅く広くしか趣味を持たないので、
あさ~い記事しかかけないですが、
今アナタに、
何か一つ強みがあるなら、その知識は死ぬ事はありません。
だから、その知識はブログに残しつつ、
ちょっと別の趣味を増やしてもいいのでは?と思うんですね。

今以上にその強みを強化してもいい。

今自分が新しく始めた事は、
チャリです。

チャリダーとしてちょくちょく出歩いています。
そこで写真撮ってます。体力増進にも役立ちますし一石二鳥。
写真もフェイスブックなどでUPすれば喜ばれますし、
無駄がありません。(別サイトの集客に役立っている)

そんなプチチャリダーとしてやっている自分ですが、
それをいずれこのサイトか別サイトか立ち上げて、
記事にしても面白いかなと思っています。

趣味と言ってもそんなレベルのものです。
それでもネタになっちゃうんです。

難しい事は一切ありません。
なので、もしアナタが

他人のブログを見てまわるのが好きならば
様々なブログについての批評しても良いでしょうし、
食べる事が好きならグルメレポを書いてもいいでしょう。
読書が好きなら書評を書いてもいいでしょうし、
人間観察が好きなら、面白かった人をネタにして書いてもいいでしょう。

別に今から筋トレ始めたっていいんですよ?(笑)
それで筋トレをして毎日のメニューと体重や体脂肪の変化を
書いてみるだけでも、
興味ある人は見ますしね。(笑)

筋トレは毎日しなきゃダメ?意外と知られていない落とし穴とは?

別になんだっていいんです。

後は、
自分の判断。好きなにように書けば良い。

こんな一例も

自分もツイッターで
絡んでいただいている、あめたま(@ametama_l2l )さんは、(上で紹介した二つ目のブログの人)
元々はワードプレス用無料テンプレートSTINGERのカスタマイズ記事などを
書いてた人ですが、
※もちろんそれだけではないけど

今では、カメラも趣味になり、
あめたまびよりという別のブログまで作ったうえに、
あめたまさんぽというイベントまで開催する程になっています。
※プロとしか思えないレベル

そう考えると、
趣味を増やすというのは
書きたいネタを増やすという事になるのは明白ですね。

最後に

いかがだったでしょうか。
ネタを増やすことはそれ程難しくないということは
お分かりいただけたのではないでしょうか。

もし、今ブログのネタに困っているなら、
ちょっと勇気を出して新しい趣味増やしてみるor
今まで書いてなかった趣味の記事を書くというのも
選択肢として入ったのではないかな?と思います。

ネタはどこにでも転がっています。
後はそのネタを記事にできるか出来ないかは、
自分次第なのではないでしょうか。

そんなに難しい事は考えないで。
取りあえずやってみましょう。

ただ、
だから薄っぺらくて大した事ないサイトが生まれたんだろ!
といわれたらそれは否定するつもりは全くありません(笑)

ではでは。
ニナ(@ninaritti0313)でした。
また。