パッキャオとアルジェリ予想から~試合経過と結果速報。ハイライト動画付き。

管理人が可哀想だからシェアしてあげる

2014y11m23d_143525441
こんばんちわ^^ニナ(@ninaritti0313)です。
昨日に引き続きWOWOWで
ボクシング世界戦ビッグマッチがやりますね!

※今は開始前でどきどきしています。

今日はパッキャオとアルジェリのマッチ。
※追記:ハイライトですが動画入手しましたのでどうぞご覧下さい^^

スポンサーリンク









試合展望と予想

私の予想はパッキャオを応援すると言う意味でパッキャオ勝利予想です。
アルジェリは未だ負けなしの20戦20勝!
勢いそのままにパッキャオを負かす事が出来るか?
パッキャオは勝って当たり前と言われている選手。
ただの勝利ではなく、内容が伴った勝利をすることが出来るか。
出来ればノックダウン勝利をしたいところ。

※試合開始のゴング

試合経過

1R

動きを見る限りでは
パッキャオは動きは良さそうです。
パッキャオがどんどん前に出ており、
それに対応しきれずバランスを崩すアルジェリ。
このまま対応しきれずに倒されてしまうのか?
カウンターを見せてパッキャオを倒す事が出来るのか?

2R

パッキャオは更にアルジェリに対し
攻勢をかけておりダウンも取りました。
見た感じはコーナーが濡れているのでスリップでしたが
その前のパッキャオの攻めの姿勢と
パンチが当たって下がったという判断があるからこそ
思わずレフェリーがとってしまったダウンでしょう。

アルジェリとすれば不運ですが。
これが今後の試合の流れにどう影響するかキーポイントかもしれません。

3R

身長もリーチもあるアルジェリとしては
距離をあけたい所でダウンの影響も無く
下がりながらジャブで時折カウンターを入れたい所。
それに対し距離を詰めたいパッキャオ。
パッキャオの長いパンチを
ジャブで突き放したい所ですが、
ちょっと3Rまでは対応仕切れて居ない感じ。
バランスを崩しているので
イメージは良くないですね。

若い世代の
アルジェリと言っても30歳。
負けなしとは言え、
このビッグマッチは簡単には落とせない戦いでしょう。
負けてもよくやったよアルジェリといわれる試合をしなければ
なりません。

パッキャオの左に対し
アルジェリも左を合わせたいとこですが、
パッキャオもボディからの打ちわけが凄さまじい。
今の所ちょっと役不足。

4R

アルジェリも下がりながらも
取り折いいカウンターを見せるので
これが当たれば、、、
マルケスがパッキャオに対して
見せたような失神KOが
アルジェリにもあるかもしれないが、、、
戦績が
8KOという事を考えると
そこらへんがどうだろう。
しかし大分パッキャオの突進に対してなれているように
見える。

5R

アルジェリは完全に慣れたのだろうか?
パッキャオの突進に対し足だけで避けられるようになり、
パッキャオのパンチが序盤程命中しなくなった感じ。
ただ今の所は私的にはフルマークでパッキャオに点数を与える。
アルジェリサイドはちょっと手数が少ない。
このままではパッキャオには勝てないだろう。

6R

いい雰囲気があったがついにつかまるアルジェリ。
パンチも出しつつ前に出る場面もあったが
パッキャオの作戦だったのだろうか?
ダウンを奪われる。
今回は
完全に足にきている模様。
その後1度ダウンを奪われ、
この時点でダウンを取り返すなどをしなければ
12Rまで続いても判定での勝ちはなくなることに。

7R

開始アルジェリはこのまま攻め込まれたく無いので
足を使い、パンチを出すが大振り。
ここでこそシャープなパンチを心がけたいのだが。
それを見透かすかのように
無理に攻め込まず徐々に距離をつめるパッキャオ。
アルジェリとしてはあまり無理せず
回復につとめたいところだが、、、
逃げ切ることが出来るか。

8R

膠着状態。
アルジェリとしては相変わらず下がりながら
カウンターをあわせたい所。
下がりモードで暖簾に腕押しと行った所。
パッキャオは疲れたのか誘っているのか
それほどパンチを打ちに行かない。

9R

アルジェリは判定では普通に勝てない状態に
なってからも
相変わらず攻めに転じない。
正直、生き残りたい感が。
まだカウンター一閃で何とかなると
思っているフシがある。
ただ、ここでパッキャオの
見事なカウンターでアルジェリは倒れ、
この後もスタンディングダウン。

心が折れている表情にすら見える。
その後、レフェリーが中途半端に割って入った事で
試合終了かと思いパッキャオは手を止めるが、
試合続行。
アルジェリは何とか生き延びられた感じ。
正直試合終了で良かったと思う。

10R

必至に足を使ってなんとかしたいアルジェリ。
しかし無理に攻めないパッキャオが憎いくらいだろう。
吹けば倒れそうなアルジェリ。
自分のパンチですらバランスを取れない程
足に力が入って無い。
パッキャオは少し狙いすぎているのか手数が少なかったが、
残り20秒で軽く当たるとアルジェリは再びダウン。
合計6回目のダウンとなる。

11R

ここらへんでパッキャオも仕留めたいところ。
ジョー小泉氏が言うとおり、
もうストップしてもいいだろう。
アルジェリは続行される限り選手としては
経ち続けるだろう。
セコンドもタオル投入でもいいくらいだ。
それでもパッキャオは一気に攻めない。
畳み込んで楽にしてあげてもいい気もするが、
行かないパッキャオ。一発を狙っているのか?
それともマルケス戦での失神KOが
脳裏に焼きつきそれをさせないのか。
このままでは倒しきれないかもしれない。

12R

結局ラストラウンド。
さっきの時点で止めなかったから
これ以上攻めると死んでしまいそうだから
攻めないのか?と思ってしまうほど攻めない。
このまま終わるとすると、
この程度の選手をし止めれなかったと
言われ、
やはりメイウェザーは倒せないと
言われかねない試合内容だ。
ラストラウンドはどんな試合も
お互いがむしゃらになる試合が多いのだが、
今回はそこまで感じられない。

見ているイメージとしては
アルジェリは完全に最後まで
立ってやろうモード。
いくら足使ってジャブ出してかっこつけても
倒さねば勝てないのに
下がる一方では
正直つまらない選手だ。
こういう選手を倒すのは
パッキャオも難しいだろう。

試合結果

パッキャオも8Rくらいから
狙いすぎた感があるので、
そこは反省すべきだろう。

結果としては大差で
もちろんパッキャオの勝利。

最後に

最初の方に書きましたが、
アルジェリは負けたけどよくやったよ。
と言える内容ではないですね。

パッキャオも倒しきれなかった
(止めた方がいい状態だったけど)
という意味では最後まで逃げ切られたのが
残念でしたね。

レフェリーが中途半端に試合止めたせいで
倒しきれなかったと言ってもいいんですが。

こういうスポーツでは
ジョー小泉氏が言うとおり
優秀なレフェリーじゃなきゃダメですね。

試合を左右する場面が何度もありましたから。
もし一番最初のスリップ気味のダウンを取らなかったら、、、
試合自体が変わってたかもしれませんしね。
これでWBOで一番優秀なレフェリーと言うのですから、
ちょっと残念です。

これで
またメイウェザーとの試合が現実味をおびてきました。
来年こそ、
メイウェザー決戦をして欲しいですね!

追記:現在5月3日、
パッキャオvsメイウェザー世紀の対戦目前に
控えてます。
現在2試合目。で
次の試合がパッキャオvsメイウェザー戦です。
もしよければツイッターアカウントをフォローください。
リアルで放送前につぶやきでお伝えしますよ^^

ではでは!ニナ(@ninaritti0313)でした!

おまけ動画

動画は
パッキャオvsブラッドリー戦2です!
どうぞお楽しみ下さい^^

おまけ動画②

エキサイトマッチテーマ曲も合わせてどうぞ!聴いていると燃えます^^

ハイライト動画と試合後インタビュー動画

ダウンシーンのハイライトですが
それだけでもパッキャオの凄さが分かるでしょう^^

次のボクシングの記事は
将星堕つ・・・
バーナードホプキンスとセルゲイコバレフの
一戦の動画です。

気になる記事があればシェアして下さいね。
follow us in feedly

スポンサーリンク




管理人が可哀想だからシェアしてあげる

スポンサーリンク




コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です