美唄市の廃墟の町、、、我路に行って来た!!前編

シェアする

こんばんわ^^

ニナ(@ninarich0313)です^^今日は暇人ニナは
こんな大荒れの天気の中、
友人と共に美唄市我路に行って来ました。

我路は廃墟の町。心霊スポットとしても有名らしいですね^^

我路の円形校舎、なかなか探しづらい場所でしたが
沼東小学校を探して現地調査してきました。
長くなるので前編後編に分かれていますが
最後までつきあってくださいね^^

さてさて実際は心霊スポットなのか?どうなのか。気になる方は最後まで読んでくださいね。






忘れられた土地美唄我路へ

と!いうことで、先にも書いた通り

今日の目的は美唄市我路。知人のWが
前回行ってみたものの見つける事が出来なかったという
円形校舎が最終目標だったのですが、無事見つける事も出来、

突入することも出来ました。

前日の話

実は前日に聞いたばかりだったんです。
我路の存在を。

美唄には我路という町があったらしいんだけど・・・

廃墟がいっぱいあるみたいなんだ。と。

更に話を聞いてみると、

我路にある学校が
小樽にある石山中学校(廃校)と同じ円形中学校らしく、

心霊スポットでもあるということ。
当たり前ですが廃校。
廃墟の町の廃校です。

この時の気持ちは、

う~ん。
この響きそそられる。たまらん。
もうこの時点で冒険心がくすぐられまくりでした。

で、翌日。

知人のwがたまたま休みってことで、
行くしかないだろという軽いノリで
行った次第でございます。

戦の前に飯

さて、美唄我路に11時出発。

腹が減っては戦は出来ぬ。ということで
美唄の手前?のからまつ園さんで
蕎麦を食べる事に^^

ちなみにとろろ蕎麦を食べました~^^

からまつ園

このからまつ園さん、関根宏や
安田顕など、有名人もちょくちょく来てるらしい^^
もしかしたら有名人に会えるかもね(確率は相当低そうだけど)

で、

美唄へ入り我路へ

飯も食って腹いっぱい。
これで何かあっても大丈夫。

と、いうことで、

我路へ向かうことに。
さくっと行って来ましたよ~^^
昼間に行ったって事もありますけど、
廃墟の町って程でもなかったです。

それに郵便ポストはJPになってるので、
そこまで昔に時が止まった町って訳じゃないんですよ。

住人がいた!!

何よりビックリ?したのが
完全な廃墟の町かと思っていたのですが、

住人いたし

びびりポイント全くなしw

てかそれ以前に先客いたから
びびりようがない・・・

H崎さんとの出会い

やはり我路は有名所。
人がちょくちょくと集まっているようですね。

そして、自分は冬場で寒い為、
車で色々準備してたら

知人のwがその先客と話しているという始末・・・w

その方は埼玉から連休+有給を使い
こっちに来ていた
H崎さんだったのです。

埼玉から一人で北海道の廃墟巡りとはなかなかのつわものですね。

まず、一番最初。
我路の入り口っぽい所に
JPマークのついた
今でも使われてるかも?っぽい
郵便ポストがありまして、

知人w部は昨日より何故か
ポストを探してたので、
ずっとこれ使えるかな??なんて聞いてきました。

もしかしたら、
使えるんじゃないの?って思えるくらい
ちゃんとしたモノだったのです。

なので、
ためしにいれてみれば?w
と言ってたりしたんですが、、、w

いれてくれませんでしたwww
何か応募しようとしてたのでしょうか・・・
よほど大事なものだったに違いません。

我路町内写真など

で、我路の入り口は大体こんな感じ。
周りの神社などがあり、
そこまで廃墟じゃない。

郵便局

廃墟

言うほど朽ちて無いのが残念でした。
てか、近くに二人くらい60代くらいの
オジサマいたしw
恐らく我路の数少ない住人でしょう。

我路の上の方から撮った

こんな感じも
どこかちょっとのどかな程度でしょ?って感じですよね。

このちょっと奥に
表札がかかった家が、、、
明らかに住んでる。

やはり結構人が住んでるようですね。
我路には。

↓の家。

我路入り口

その横あたりに神社。

遠くに鳥居が見える。

これは明らかに廃墟。

民家途中の廃墟

民家途中にある水場

正直、私が育った小樽の地元は
こんなトコありましたから、
そこで棒きれ振り回してた私は
どこか懐かしさを感じ、
別にコレ普通じゃね?みたいに思いましたね^^

元に、地元にも円形校舎で有名な中学校ありましたし^^
尚更親近感沸きまくりです。

今は取り壊されたらしく
跡形も無いですけどね。
このような重要な建築物が取り壊されてしまうのは
非常に残念なものです。

我路に行ってどこかで、
少年時代を感じながら
草むら掻き分けて歩く感じは
小学生のときを思い出せてよかったです^^

でも、昨日せっかくかった新品の服と靴w
これ着てくるべきじゃなかったwww
これだけは後悔してます。
少し考えればわかる話なんですけどね。

で、話ズレズレでしたが、
問題の神社。

人の手入れがなされてなければ
こんなにキレイな訳がない。
住人がいるから当たり前かもしれませんが、

全くもって、知人から聞いていた
廃墟の町ではないんですね。

神社入り口

んでもって急な階段が・・・

神社の階段

上に誰かいたような・・・?
視線を感じた気がする。

ま、いいやw0感なのでwww
ということで、階段を登っていくことに。

別に荒らしに行くわけでもない。
悪い事をしにいくわけではないのだ。

しかし、
Hさんとwは明らかにビビッている。

自分、
取りあえず一回礼!手を合わせて
スタスタと階段を上がる。

階段を上がっている途中、
確かにまた視線感じた。

うん。正解。

だってそこに
ごっつい指輪した
おじいちゃんいたんだもん。

偏屈じいさん登場?

あ~こういうトコにいるおじいちゃん、
きっと偏屈モノかもしれんと少し警戒。

漫画じゃないけど、
下手すりゃ鎌もって襲ってくるかもしれんw

しかも、
明らかにこっちに気づいてるのに
気づかないフリして
なにやら拾っている。

なので、
私は極力フレンドリーに、
「こんにちは~^^こちら管理されてる方ですか?」

と声をかけた。

すると、
とってもフレンドリーに話してくるおじいちゃん(80歳)

きっと、話しかけて欲しかったのだろう。
寂しかったのだろう。

もののけがいる我路

おじいさんの話では、
やはりココには物の怪がいるようで、

黙って建物に入ったり、
黙って写真を撮り続けると
帰れなくなるらしいw

夜中に仲間が帰ってこなくて
助けてと言われる事が何度もあるそうだ。
その度におじいさんが助けてやるんだと話していた。

まぁ俺も、
勝手に建物には入って無いけど、
勝手に写真とっちゃいましたけど・・・
大丈夫でしょうかね。

一応おじいさんに許可貰ったから大丈夫か。
と、一応0.1ミリくらい心配しておく。

なにやらそのおじいちゃん、
先ほど表札のついている家、
そこにそのおじいちゃんは住んでるらしい。

魔法使いLV80(歳)

ちなみに、
このお爺さん、
呪文を使えるらしく、
病名さえわかれば病気が治せるらしい。

さっきは、
不法侵入して迷った若者を
リレミトで脱出させるわ、
病気は治せるわ、
超人だね。うん。

更に、天気が多少悪くても、
嵐じゃなければ、少しくらいなら
天気を操れるらしい。

明らかに色んな意味で
仙人的なおじいちゃんw

風貌のファンキーで、
片手軍手で
もう片手は
クロムハーツか?っていう
ゴツイ指輪親指以外につけていて
怪しさ満載。

ここまでかなり話し込んでいたけど、
それ以上話がとっても長くなりそうな始末。

知人のwは寒さのあまり
話聞いてられなくなり
階段を昇り降りし始めるし・・・w

俺が一生懸命おじいさんに気を使ってんのに
何やってくれてんだよお前・・・w

更にHさんは途中から
写真撮り始めるしwww

俺だって写真撮りたいし、
出来ればさっさと戻りたいのに、
嫌な役目を俺にさせるお前ら最低!

俺だけマジメに聞いていた(フリ)んだぞ。

でもこういうおじいさん、
きっと寂しいのでしょう。

別に悪いお爺さんではないし、
これもネタだと思ってました。

それに、あれだけ意気揚々と話しているのに、
話途中で終わらせる訳にも行かないですしね。

うまいこと話途中に
写真撮らせて貰いますね~~^^と
許可を得つつ、
写真撮ろうとしましたが。

そうするとまた再びお爺さんのスイッチが入り、

最近、コチラで撮影があったらしく、
写真撮ったら
そのまた映画か何かの話で
長くなってしまいまして、、、

やっとこ撮れたのが
この二枚。

あがった先の狛犬

神社

ちなみにこの中には神輿もあるのだとか^^

ただ、
聞いてみました。

このまま、写真も思うように撮られず、
話を聞いていただけじゃ意味が無い。

だから、
知人wが前回見つけられなかった
円形中学校の場所を^^

じゃなきゃ
この時間超絶無駄になっちまう。
いや無駄じゃない。
うん、出会いは大事。
でも、ホント長かったんだもん。
探索時間減っちゃうからね。

って思っていると、
簡単に教えてくれました^^
この情報があったおかげで、
かなり楽に見つける事が出来たんです。
無駄じゃなかった。

校舎の位置

おじいさんの情報によると、
小学校が2つあってそれは取り壊されたのだとか。
そして残っている中学校はスキー場の裏にあると教えてくれた。

昔は二つ円形の建物があり、
めがね状になっていたらしいです。
実際にスキー場がありました。

そして
スキー場から少し進むと
以下の写真の場所にたどり着きます。

舗装されたのはこいつのせい?

という事で、
ここから先は後編へ!

ではでは^^
続きは↓を
クリック^^

美唄市の廃墟の町、、、我路に行って来た!!後編

気に入った方は是非
@ninaritti0313をフォローしてやって下さい^^
フェイスブックページもあります^^

いいね!貰えたら死ぬ程喜びます^^

↓2年半後の我路の動画です



気になる記事があればシェアして下さいね。
follow us in feedly

シェアする

フォローする