総アクセスが1500満たないブログが二時間でアクセス350達成。その時にやった3つのこと。

シェアする

アクセス爆発中

どうもニナ@ninaritti0313です^^

このブログの話ではなく、
別に趣味程度にやってるブログなのですが。

本日(現在も継続中)ある無料ブログの
トップページにエントリーされたらしく、
考えられない程、
アクセスが集まっています。

アクセス350?フン!ゴミめ!
と思うかもしれません。
ですが今までどんなに頑張っても、

1日150人しか集まった事がありません。

そんなブログが2時間で350アクセス集まったなんて
奇跡的、天文学的数字を達成したとしかいえません。
でも、それって本当に奇跡だったのでしょうか???

私は必然だったのかな?と思います。

1日150人集まったときの記事は、

それはデング熱がまだ
拡散する心配が全く無いって言われてた時に
シミュレーションしてみた記事でした。
トータルしてこの記事は300アクセス以上はありました。
素人的な考えではありますが、
考えられる全てを想定して
拡散予想したんですね。
それがちょっぴりヒット。

それも、ブログ開設したその日に
記録した数字です。

なのに、今回、
現在も進行形で一気にアクセスが集まってます。

自分なりに考えた理由。

①.練りに練って書いた現実にあった話だったから。
②.世の中に問いかける事が出来たから。
③.人が注目するジャンルの話だったから。

だと思っています。

文字数がどうとか、
ノウハウでは書いてますが、
長かろうが短かろうがいいとは思います。
端的に100文字くらいでビシっと伝えられるならそれはそれでいい。
言いたい事が伝わるのであれば。

今回は自然と数千文字行ってしまって、
自分でもビックリしてますけど、
ただ、私の中で今回思ったのは
何かを本気で伝えようと思うと長くなってしまう。ってことでしょうか。
私の場合はですけどね。

一つもその出来事を残さず伝えたかった。
自然と長くなってしまったんですね。

上の赤字の三つ
このうち2つがはまれば
それなりにヒットするのでしょう。(恐らくw)

三つ意識すれば
意図的にヒット記事作れるかもしれませんね。(恐らくですがw)

現実に、
デング熱は当時一番人が興味のある話でしたし、
拡散はしないといわれていたのに
すぐに10人.20人と拡散してる最中でしたから
念には念を押して注意した方がいいよ?

って伝える事が出来たからだと思っています。
素人考え的にはありましたが
それなりに練りに練って、
亜熱帯地方の沖縄や、
東京のような都市でも建物内には蚊は
年中いるよって話もありましたから、
100%安全じゃないってのはわかりましたからね。

そして、その次にアクセス集めた記事が
人気アナウンサーへの気持ちを綴った記事でした。

これは、
今注目されつつあるアナウンサーの話ですし、
その人が好きな人が求めてるであろう情報を
掻い摘んで自分なりに伝えたから
ヒットしたのでしょう。
その記事のお陰でちらほらコメントもつくようになり、
閉鎖的なブログじゃなくなったように思います。

練りに練ったかと言うよりは
思うがままに書いたのですが伝えたい事は
伝わったのではないでしょうか。
ちっともまじめな内容じゃないですけどねwww

今回絶賛アクセス集め中の記事も、

現実に起こった悲しい出来事で、
動物の話。(③人が注目するであろうジャンル
そして問題提起として問いかけたから。(②問いかけ
何度も推敲して、
どうすればしっかり伝わるのか?
考えながら書き直しました。(①練りにねった現実の話
上の三つは当てはまっています。

もちろん、練りにねった現実の話ではなくても、
それなりに練った話じゃなきゃ
意味無いのでしょう。

いつも、好きなように
ブログを書けばいいやんって言ってますが、
それはあくまでも継続する為に、
敷居を下げる為の話。

でも、アクセスが欲しいなら
やっぱり腰を据えて書いた方が
集まるんだなって身をもって体験しました。

そのブログ、
毎日ブログ更新していれば
もっとヒットしていたんだろうな~とか思うと勿体無いですが、
多分この感じでやっていれば
それなりにアクセス集められるはず・・・
それを証明出来ればいいなと思います。
今後このような話がなければ
証明できなかったと笑ってやって下さいw

これから恐らくこの三つを意識して記事書いてヒット連発!!
ヒットメーカーになるニナですのでよろしくねwww

なんて言ってみたり^^

でも意識しないよりはいいかもなので、
好きな事を適当に書きつつ、
でも時には思いっきり狙って書く。
そんなブログ運営していきます^^

ではでは^^



気になる記事があればシェアして下さいね。
follow us in feedly

シェアする

フォローする