楽して稼ぐとやり玉に挙げられる職業とサラリーマンを比べてみる。

シェアする

嫉妬

こんにちは、
ニナ(@ninaritti0313)です。

お金を多く稼ぐと、
楽して稼いでいるといわれる事も多い近頃。
近年ではネット環境が整い、
億万長者も生まれていますね。

実際そんな彼らは本当に楽して稼いだのでしょうか?
ちょっとだけ考えてみましょう。






日本は資本主義である

日本は資本主義です。
あえて誤解を恐れず思いっきり言うとするならば
お金を稼いでナンボの世界のはずですよね。
金を稼いだ方が偉い。

そもそも
汗水たらして働いたお金と言うのはそもそも何でしょう?

最近楽して稼いでいるといわれているアノ職業と
サラリーマンを比べてみましょう。

サラリーマン

サラリーマンや雇われる側は
もちろんこれに当てはまるでしょう。
間違いなく一線で動いているので
汗水たらして稼いでいるといえます。

一日9時間拘束j長い所では
残業含め15時間以上と言うブラック企業もありますね。
※私も以前残業だけで150時間働いていました。

倒産、クビになるというリスクは多少あるものの、
基本的にリスクはありません。

個人事業主

では個人事業主はどうでしょう。
楽して稼いでいるといえるでしょうか?
様々な業種はあるものの、

個人事業主でも、
お店を切り盛りしてる人はもちろん汗水たらしているので
汗水たらしてお金を得ていると
当てはまると思います。

事業主でも人を雇って
お店を経営してる人もいますよね。
ではその人達はどうか?
私はたとえお店に出ていなくとも、
汗水たらしていると思います。

自らお店では動かなくても
やらなくてはならないことが多いからです。

資金繰りもそうですし、
営業に行く事もあるでしょう、
人付き合いも多くなるでしょう。
サラリーマンだとしなくてもいいことを
しないとならないって事が多いですよね。

全てを●投げして
経営してる事業主なんていません。

仕事の時間は
それぞれでしょうが、
お店の営業時間+その職種によると言った所でしょう。
仕込みがあるような飲食店なら更に長くなりますし、
閉店後の作業等もそれに+されてきますね。

リスクはおのずと高くなりますが、
成功すればお金持ちになれる可能性はあります。

FXや株式投資/投資家

これはどうでしょう?
FXや株は確かに在宅でパソコンと睨めっこして
非常に大金を稼いでいたりする為、
楽して稼いでいるヤツラといわれたりしていますが、

何よりもリスクが半端無く高い。
為替も株式も自分ひとりでどうにか出来る事ではないですからね。
外的要因で一気にマイナスになったという人も少なくありません。

まずそこまでのレベルに行くまで
どれ程勉強したでしょう。どれ程痛い目見たでしょう。

そして目立つ専業とレーダーの下に、
どれだけの離脱していった屍が転がっているでしょう。
相当数が痛い目見て離脱していく人もいる中で。

彼らが残る為の努力は恐らく普通の感覚では無理でしょう。
勉強だけじゃ身につかないレベルです。

ずっと専業とレーダーでやっていく精神力は
おそらくサラリーマンとはまた違ったプレッシャーもありますし、
楽ではありません。

そもそも自分が動かなければ1円にもなりません。
これは汗水たらしてお金を稼ぐといっていいでしょう。

日銀為替介入の時の乱高下なんて、、、
もう一般人だと冷や汗ものですよ。

ローソク足が上に行ったり反発して下がったり、
ぎゅんぎゅん動きまくり。伸びまくり。

一歩間違うと死にます。
ギャンブルは借金しに行ってまでしなければマイナスにはなりませんが
FXではありえますからね。リスク管理しっかりしていない場合ですけど。

基本、FX等の場合はパソコンの前に張付いているでしょう。
まずその日の動向をチェックする所から始めるので
9時前からは確実にパソコン前でチェックしてるようですね。

日本は3時でとりあえず終わりですが、その後、ニューヨークやらロンドンの市場が
動き始めますし、日本国内の市場より大きく動く事も多い為
それもあわせると寝る暇無いかもしれませんね。
※大きな動向がある日は特に。

思ってたのと違う動きを思いっきりされたときのあの
心臓が止まりそうな感覚、わかりますか???

アフィリエイター

2ちゃんねる等では
相当やりだまに挙げられる事も多い職業。
まぁ個人事業主にも当てはまったりするんですけど。

アフィリエイターはまさしく
汗水どころか血汗かいてるんじゃないでしょうか?
稼げない人は別として稼いでいる人は往々にして、
作業量が半端無い。汗水垂らしてますよ。
時間を費やしていますよ。他人の時間まで人を雇って費やしています。
そりゃ~100万1000万稼いでいるのを聞くと
嫉妬心からぐだぐだ言う人がいるわけですが、

専業じゃないのに、
休みの日には20時間近くパソコンに向かうだけの
粘り強さは批判している人にあるの?って思いますね。

正直なかなか出来る事じゃない。
稼げる額が(人によっては)大きく、リスクも比較的少ないから、
ヤリ玉にあげられますが、

専業の人は毎日15時間以上張付いてる方も多いですし、
常にコンテンツ作りに必死でしょう。
決して楽な作業じゃありません。

しかも、結構批判している人が利用しているであろう
サイトもアフィリエイターが作ってたりしますからね。
恩恵はあるはずです。

最後に

2から4までは
少なからず軌道に乗るまでは
人知れず
相当な努力が必要ですね。
もちろんサラリーマンもそうではあるのですが。

楽して稼げる職業のはずなのに、
挫折して行く人も多いのです。
おかしな話ですね。

結局、サラリーマンでは絶対稼ぐ事が出来ないような金額を、
同じ時間を費やして稼ぐと、
楽して稼ぐといわれてしまうのでしょう。

しかし、それって膨大なリスクもあり、
成功者の下にはどれ程の屍が転がっているかというところを
完全に見なかった事にして言っています。

稼いでいる人は偉い

子供じみている言い方ですが、
資本主義の日本において、お金を持っている(稼いでる)人は
偉いと言っても言い過ぎではないでしょう。

稼いでいるから偉いというより、
稼ぐ為の努力はしっかりとしてきているという意味で。です。
少なくともアフィリエイターというのは
比較的リスクは少なく始める事が出来、
サラリーマンでは稼ぐ事が出来ないような金額を稼ぐ人も多くいます。

楽して稼いでいるというのであれば、
何故皆、アフィリエイターにならないのでしょう?
楽なんですから皆お金持ちになれるはずです。

でもそうではない。
アフィリエイターもその他皆、稼いでいる人は
死に物狂いで仕事している。(特に軌道にのるまでは皆そうでしょう)
汗水垂らしています。
だから言い方は安っぽいですが偉いんです。

なのに汗水垂らして無いという言い方をされるのは
結局の所、サラリーマンなどが必至に時間を費やして働いても稼げない金額を、
一瞬にして稼ぐことに対しての嫉妬でしょう。

ブラック企業で死ぬ程働いてた人間としては、
アフィリエイターや投資家なんてのは
非常にあこがれます。
と言うか私も多少はやっていますが。
でも、

ブラック企業で働いてた時みたいに
同じくらいパソコンに向かう覚悟はあるか?と
いわれれば分かっていても、
なかなか出来るもんじゃないです。楽な世界じゃありません。
それだけ厳しい世界です。

サラリーマンでも自分で仕事を見つける人はいるでしょうけど、
黙っていても仕事がくるのがサラリーマン。
自分で見つけなければならないのが
2-4です。

お金を生み出すのも生み出さないのも自分次第。
みな大幅に稼ぐ人はリスク背負ってます。

勝手にあいつら楽して大金手にして!!と、
言うのは簡単ですが、
簡単だと思うならばやってみればいいのです。

そしたらその世界が
どれ程のものかわかりますから。

結局楽して稼いでいる職業なんて無いですよ。

ただ、ちょっと稼ぐ桁が違うってだけです。
その稼ぐ額は高くなるにつれて様々なリスクなども高くなっていきますけどね。
リスクとれますか?時間費やせますか?

稼いでいる人は
絶対に人とは何かしら違う事をやっていますから。
汗水たらしもせず稼いで汚いヤツラ!!なんて
言うのは不毛過ぎるのでやめましょう。そんなこと言ってたら、
一生そっち側には行けませんよ。

ではでは、
また。
ニナ(@ninaritti0313)でした^^