将星堕つ。ウラジミールクリチコvsタイソンフューリー戦を見た感想

シェアする

こんばんわ。お久しぶりでございます。

ニナ(@ninarich0313)です。色々忙しくもあり、色々あってアカウントも消して

一からやり直すつもりでまたちょくちょく更新していきますね。

クリチコ フューリー

明日12月14日月曜、WOWOWエキサイトマッチで放送予定の目玉の一戦。

長期政権を築いてきたウラジミールクリチコvsイギリスの新星タイソンフューリー。

ついに歴史は動きました。






結果から

まず、結果から書きます。

題名にも書いた通りなので既に分かった方も多いかと思いましたが、クリチコついに負けました。

そして何よりクソつまんない試合でした。

正直ですね、タイソンフューリーはクリチコを脅かす存在であろうと思っていましたが、

勝利するとは思っていませんでした。

何より、今回のマッチメイクに対して違和感を感じましたが皆さんはどうだったでしょう。

今現在、ヘビー級戦線の中心的人物を挙げるとするならば、今回負けたクリチコ、ワイルダー、タイソンフューリーでしょう。

そして、この三者共に2mに近い大男でハードパンチャーでもあります。

恐らく今まで長いリーチを生かして戦ってきたクリチコにとってワイルダー、フューリー共に苦戦する相手であることは予想するに簡単でした。

しかし1ファンとしてみると、今回のマッチメイクに疑問を持ったというのは、

クリチコが頂点だと考えた場合、

2番手3番手であるワイルダーとフューリーがマッチメイクされるんじゃないか?とずっと思っていました。

そして勝利した方が頂点であるビッグネームのクリチコに挑戦できる権利を得る的な感じだと思っていたのですが。

結果はクリチコvsフューリー。正直ビックリしましたね。

思惑が一致したからこそのマッチメイクなんですが、、、。

ニナ的な観測ではクリチコが頂点だとすれば(実力というより動くお金的に) フューリーは三番手。

そしてその三番手が勝利してしまった。クリチコに油断があったとは思えませんが、ワイルダーよりはやりやすいであろうと思って両者思惑が一致してマッチメイクし戦った結果がコレなのでしょうね。そして見ていてクソつまらん試合。ただ再戦してもいいかもという試合ではあるので、今後動きはあるかな。

ただ、クリチコが負けた事により、

今後はフューリーとワイルダーという若手中心にヘビー級戦線はマッチメイクされていくことになるでしょう。

また今回クリチコが負けた事によりフューリーの商品価値が一気に上がり、

ワイルダーvsクリチコ戦が一気に現実味をおびてきましたね。

さて、来年のヘビー級戦線はどうなるのか。フューリーとクリチコの再戦か、復帰戦挟んで来年末もしくは再来年にリベンジマッチか。

そしてリベンジに失敗する、もしくはクリチコがワイルダーと試合をし、負ければ引退は確実でしょう。

違和感は何か

今回のマッチメイクの違和感は何か。考えてみたのですが、

今回ワイルダーがクリチコと組まなかった理由としては商品価値として負ける可能性があるクリチコとやるリスクが大きいからだろうし、

クリチコにしても同じ理由で両者の思惑が一致したのでしょう。

もっと時期が成熟した時、大きなマネーが動く時に組む事にしようって所だったんじゃないかなと。

なんだかんだアメリカ側はビジネスとして動くお金が大きいので、ヘビー級はおろか重量級で存在感を出せてない今、ワイルダーの存在はアメリカの重量級戦線を盛り上げる為の切り札的存在で、

その切り札は最後の最後までとっておきたい。そして動くお金が大きいということは、相手もそのリスクをとってでも試合しても良いということになりますよね。

人々が見たい!と思う試合まで二人を避けさせ、機が熟した時にぶつけると、パッキャオvsメイウェザーのような大金が動くんですし。

きっとそれを狙っていたのでしょう。

しかし、クリチコが負けた事によって、ちょっと計算が狂っちゃったってのはあるんじゃないかな。

今後はどうなることやら。

ワイルダーの試合もフューリーの試合も、クリチコの試合も、

自分が好きなマイクタイソンと違いワクワクの無い試合をしてくれていますね。

ワイルダーは確かにこれからも連勝街道まっしぐらの可能性はありますけど、見ていてつまらない。

フューリーはタイソンってついてるけど、マイクタイソンとは全く違うしつまらない。

ただの大男が芸の無いボクシングで勝利している様を見ると、クリチコという長期政権が堕ち新陳代謝が活発化するのは喜ばしい事ではあるけど、

まだまだ人気が出るとは思えませんね。

取りあえず、今後のヘビー級は注目しつつもウェルター~ミドル級戦線を主に見ていこうと思ったのでした。

イマイチまとまり良く無いけど、これにて^^

ではではまた。

ニナ(@ninarich0313)でした。