ボクシング日本人トリプル世界戦!9月5日ゴング!!結果予想

管理人が可哀想だからシェアしてあげる

   対戦カードはコチラ。

ミドル級10回戦
WBC世界ミドル級11位 村田諒太(帝拳)28歳 4戦4勝(4KO)
VS
WBC世界ミドル級21位 メキシコ・ミドル級王者 アドリアン・ルナ(メキシコ)24歳 20戦17勝(11KO)2敗1分
WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦
王者 井上尚弥(大橋)21歳 6戦6勝(5KO)
VS
挑戦者 サマートレック・ゴーキャットジム(タイ)29歳 21戦17勝(5KO)4敗
WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦
王者 八重樫東(大橋)31歳 23戦20勝(10KO)3敗
VS
挑戦者 ローマン・ゴンサレス(ニカラグア/帝拳)27歳 39戦39勝(33KO)

たぶん誰でも予想出来そうな結果で終わる気がするので

無謀にもちょっと詳細に予想してみる。

日本人から久々のミドル級チャンピオンが生まれるか。

そのステップをあがる村田涼太。

正直ここらへん相手だと3Rくらいで倒してほしい所だが、

いろいろ陣営も試したい所があると思われ、

まだまだ硬さのある動きということもあり、

8Rくらいに村田のk.o勝利といった所か。

まだまだこれくらいの相手にはko勝利をこだわって欲しい。

井上尚弥

自分個人的にはそんなにかってないチャンピオンだが、、、

あまりにも未知数過ぎるのでなんとも言えない。

ただ相手の戦績、ko率を考えてもそれ程苦労はしないと思われる。

よって、あくまで適当な予想だが、

4R k.o レフェリーストップで井上勝利と予想。

八重樫東とローマンゴンザレス。

ローマンゴンザレスは勝率、k,o率はもちろんだが、

アマチュア時代から負けなしというのが驚異的過ぎる。

正直今までのように手数を出さない八重樫は

蜂の巣にされること間違い無し。

パンチ、テクニック、スピード全てローマンゴンザレスが数枚上。

万が一があるなら右が一発当たればいいが、

何しろそれに八重樫は頼りすぎる傾向が。

今までと違うボクシングをして脱皮することが出来れば

勝機は無くは無い。

ただ、顔が腫れやすいのでそこも注意が必要。

予想。6Rレフェリーストップでローマンゴンザレス勝利。

根拠は何も無いので

もしかすると全部外れるかもしれないし、

どっちが勝利するかだけだと

大半の人間が予想するものと同じだと思う。

まぁ兎に角楽しみですね。はい。

次のボクシング関連記事は
予想に対する結果の記事になります。
よければコチラからどうぞ。

気になる記事があればシェアして下さいね。
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサードリンク

管理人が可哀想だからシェアしてあげる

スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です