【ボクシング】4月16日山中慎介が対戦する【幽霊】ディエゴ・サンティリャンは強敵か?動画有り

シェアする






山中慎介vsサンティリャン戦!

こんにちはニナ(@ninaritti0313)です。
さてさて、
ボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチが
4月16日に行われる訳ですが、
王者山中慎介が対戦する無敗の挑戦者
ディエゴ・サンティリャンはどのような選手でしょうか?

強敵なのか?
調べてみました。

相手は23戦全勝(15KO)という完璧なレコードを誇っており、
更にランキング7位と報じられている通り。
この記録のみを見ると強敵か?と思われます。

ディエゴ・サンティリャン

が。

しかし、
このような記録は残念ながらいくらでも作る事が出来るんですよ。
もちろんある程度実力が伴っていればこそではありますが。

と、言いますのも、
サンティリャンは全て同国内での対戦しか経験しておらず、
いくら南米は軽量級が盛んだとは言え、
アルゼンチンでのみの試合しかしてない戦績を見ると、
この記録はそれ程警戒する程では無いです。

お前はアルゼンチンの亀田か!!w
記録だけならいくらでも作れるぞ!!w

そして、このランキングも操作じゃないか?と言う声もあるくらい。
何故ならこれまでランキング13位でしたからね。直前まで。
何故7位になったんでしょう?謎です。
まぁ7位も13位もそれ程差は無い気もしますが、
印象は全然違いますからね~。

先日、井上選手が
11度も防衛している
アルゼンチンの英雄オマール・ナルバエス選手に
鮮烈なKO勝利をしましたが、
アルゼンチンもボクシング熱はあります。

しかし、

現在この階級では
一番強いのではないか?と言われるまでに成長した
山中慎介と対戦。しかも日本で。
となると、
余程の事が無い限りひっくり返る事は無いと思われます。

下の動画は
5年も前のものなので
参考にはなりませんが、
よければご覧下さい。

ディエゴサンティリャンは
自称【幽霊】と言っているようですが、
幽霊=消える右腕という意味で
スピードがありすぎてパンチが見えない。
そしてどんな角度からも確実にパンチを的確に当てられる
事から名乗っているようです。

見た感じはそれ程のパンチスピードは感じないですね。
そして雑!
さて、これが山中戦でどれだけ成長して
素晴らしい試合を見せてくれるのか?
楽しみです。

さて
試合展開ですが、
いつも通り神の左で後半決着なのでしょう。
相手は荒々しく打ち合って来る選手ですが、
山中の重いパンチを貰っても
前に出てこられるのか?

そして無理に山中は打ち合いに応じず
後半勝負といけるのか?がポイントでしょう。

そしてサンティリャン選手が得意としている
アッパー。
これがカギとなるかも。

このアッパーを貰えば
危ないかもしれないし、
逆にこのアッパーに
カウンターを合わせる。

なんて事もあるかもですね。

正直、
ここは難なく越えて欲しい山。
山と言う程かどうかすら
分かりませんが。

今後ラスベガス進出を本気で考えているのであれば、
正直このボクシングでは人気は出ないかもしれません。

今まではあくまで日本でやっており、
結果的にはKO勝利ですが、

お前そこ一気にいけよ~!というところも
行かなかったりする山中選手。

それがこの記録に繋がっているのは間違いないのですが、
アメリカはとにかく打ち合いを好む国。

いけるところで行かない。
これではダメでしょう。
勿論、こんな所で負けている場合では無いので、
無謀な戦い方はしないとは思いますが。

出来れば前半のうちにダウンを奪い
6ラウンドくらいまでにKO勝利を望みますが、
恐らく11RKOくらいでしょうね。

一応今回の楽しみな所といえば、
相手が全勝選手ということくらい。
まぁ、
どんな試合になるでしょうね。

最近日本とアルゼンチン選手のマッチメイクが
多いですが、
これは軽量級が単に多い国だからなのか?
それとも別に何か新しい契約があるのか。
気になる所でもあります。

ではでは。

合わせてボクシング関連記事
コチラもどうぞ。

山中慎介 サンティリャンの動画も
コチラからどうぞ。

合わせて読みたいボクシング記事は
マニー・パッキャオとマイクタイソンの共通点です。