アムナット・ルエンロエンvsゾウ・シミンの一戦。試合結果と動画など。

管理人が可哀想だからシェアしてあげる

こんばんわ^^
ニナ(@ninaritti0313)です。

ルエンロエン ゾウシミン

ルエンロエンとゾウ・シミンのタイトルマッチです。
ルエンロエンといえば、
井岡一翔が敗戦した相手。
そしてゾウ・シミンといえば、
北京オリンピックと
ロンドンオリンピック金メダリストです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

アマチュア時代にも対戦あり

アマチュア時代
キングスカップでルエンロエンとゾウシミンは対戦しており
その時はルエンロエンが勝利しています。
二人の対戦成績は
ルエンロエンの3戦2勝1敗です。

※さぁコレを聞いて気分を上げていきましょ~w
Fighting Blood short ver. つのだ☆ひろ


さて今回はどうなるでしょう。
このルエンロエンの戦いを見る限りは
井岡戦はフロッグではないというのが分かりますね。

1R
開幕早々ルエンロエンは
いい場面を作ってます。

2Rは
若干不運なダウンをルエンロエンはとられてしまいます。
このダウンでチャンピオンは
ペースを乱さなければいいですが。
元々ゾウシミンのスタイルは
好きじゃないので
応援してないのですが、
今日の動きは珍しくゾウシミンはキレキレで
いいですね。
ただ相変わらず無駄な動きが多いですな~。

3R
ルエンロエンにイラつきが見える。
けん制しあって距離感が近づかないところを
ゾウ・シミンの挑発。
その後のバッティング。
そこでもつれた所を
抱え込んで投げるw
よくポイントマイナスされなかったという投げ技。
明らかに印象は良くないですね。
大きなパンチを当てようとしすぎている感じ。

4R
ゾウシミンが
自分から飛び込んでいくシーンが。
しかし決して有効な飛込みではない。
むしろ危険な飛び込みに見える。
ルエンロエンのテクニックがあれば
カウンターを合わせられるかもしれないですね。

5R
そこまで上手さの無いゾウシミンが
一生懸命顔を出して挑発しているのが
見苦しい。
そんなのするならパンチ出せw
実につまらなくなってきた。

6R
ルエンロエンが
開始1分まではパンチを出すも
ゾウシミンが前に出始めると
ほぼパンチを出さなくなりました。
ゾウシミンは前に出るもパンチをほぼ出さない為、
何の試合してるのか分からない状況。

7R
ゾウ・シミンが前に出るも
パンチを出さない。
これでは何かを伝えようが無いですね。
ただちょくちょくラフな感じが
見えてきたので
これがどう転ぶかってのも
あるかもしれません。

8R
ゾウシミンに打つ手なし。
突進してパンチを出しても
いなされるだけ。
ルエンロエンもそこに
カウンターを当てられないようで
確実に判定でしょう。
ビックリするくらい眠くなってきました。

と、いう事で
これ以上あれこれ書くのはやめますw
解説の人達も
どう盛り上げていいか
分からないような感じになっている試合w
ある意味珍しい。

ゾウシミンの試合はそういうのが
多いと思ってたから
嫌いだったんですけどね。
別にテクニックあるわけじゃないけどトリッキーな動きする。
パンチが強い訳じゃないし。
引き出しが少ない。
アマチュアのままボクシングをやってる感じ。
明らかに
ポイントではルエンロエンが勝ってるだろう試合だけど、
もしかすると
中国でやってる試合ってこともあって
ルエンロエンが1-2で負けてるとか
引き分けとか可能性もあるような気がする。

最後まで盛り上がりに欠ける試合でした。
もし3Rの投げ技が
マイナスされていたら
どうなっていたか分からない試合でもありましたね。

結果は
116-111が三者で
ルエンロエンの勝利でしたw
そらそうだよねw

気になる記事があればシェアして下さいね。
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサードリンク

管理人が可哀想だからシェアしてあげる

スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です