亀海喜寛vsオスカーゴドイ戦の結果。

シェアする

こんばんわ^^ニナ(@ninaritti0313)です。
今日のWOWOWエキサイトマッチは
昨年12月13日(日本時間14日)、
ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナのリングに登場OPBFウェルター級王者亀海喜寛(帝拳)選手と、
オスカー・ゴドイ(米)=13勝(6KO)3敗の試合が放送しましたね。
結果は
4回1分58秒TKO勝ち。昨年の6月、
ロバート・ゲレロ(米)に敗れて以来の再起戦を飾りました。

亀海
今回、見た感想としては
亀海喜寛選手いいですね。
もうちょっと前に出て行く時にパンチ出してもいいかなと思いますが、
2Rのクロスカウンターバッチリ決まってました。

ただ、前に出て行く突進力はありますが
手を出さずに前に出て行く感じだったので、
もうちょっと上のレベルになると
やはりロバートゲレロの時のようにポイントで負けちゃいますね。

と言うか、思いっきりダウンとられて負けるでしょう。

ただ結果的には相手のレベルはそれ程高くないとは言え
今回はダウンを3度も奪っての完勝。
しかもアメリカラスベガスの目の肥えた観客の前で
あれだけのボクシングをしたのですから、
今年うまいこと行けば
トップ戦線で戦えるかもしれません。上位5位くらいまでなら。
(とは言ってもメイウェザーやパッキャオはほぼ不可能でしょう)

ウェルター級となると日本では
重量扱い。
なかなかこのクラスでのチャンピオンは生まれにくいので
今後の日本のボクシングを盛り上げる為にも何とか上位に食い込んで欲しい。
今は村田諒太のようなミドル級で活躍しそうな選手も出てきているので
ウェルターはそうでもないように見えますが・・・
この階級はミドル級でもそうですが
レベルが高すぎる。

メイウェザー、パッキャオ、ケルブルック、キースサーマン・・・
他にもパッキャオの永遠のライバル、ファンマヌエルマルケスなども
ウェルター級チャンピオンの座を狙っています。

もし、
この階級で亀海選手が
万が一でもチャンピオンになることがあれば・・・
そんな日が来る事を願いつつ、
今回はまとまらずに終わる事にします^^;

しかも動画探しましたが
見つからなかったので
見つけ次第紹介しますーー;

ではでは。

次のボクシング記事は
スティバーン ワイルダー 動画です^^
次はちゃんとありますので
お楽しみに^^

亀海選手の最新試合動画はコチラ



気になる記事があればシェアして下さいね。
follow us in feedly

シェアする

フォローする