ふざけるな!!ブログ丸コピーされた時に覚えておきたい三つの事!

管理人が可哀想だからシェアしてあげる

こんばんわ^^ニナ(@ninaritti0313)です。
ここ最近、このブログではないのですが
自分のサイトがちょくちょくパクられるので
イラっとしているのですが、
皆さんはパクられたことはありますか?

エローラさんも
ブログ記事が丸パクリされたので仕返し!覚えておきたい3つの対応方法
というエントリーがありましたが、
自分はまた別のアプローチで
仕返ししてますので、
もし良ければ合わせて参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

最初にしたこと

まず、警告を発しました。
出来ればサイトの雰囲気的にはそういう事はやりたくなかったのですが、
あまりにも多い為。
しかし再三しているにも関わらず
見ていないのかなんなのか、
コピーを何度と無くしていく人間が
いました。

①CCC(Check Copy Contents)を設定する

何故、
コピーされているか分かるかと言うと、
CCC(Check Copy Contents)など、
コピーされたら教えてくれるプラグインをいれているからです。
詳しい設定方法などは省略しますが、
コレ、
いれておくとコピーされているのが分かる反面、
イラッとするので精神衛生面で良くないかもwww

こんな感じで
登録しておいたアドレスに
メールが届きます。

パクリIPアドレス

②右クリック禁止

ユーザビリティーを考えると、
なるべく禁止事項は増やしたくないのですが、
右クリックを禁止にしました。
それもワードプレスにはプラグインとしてあります。
WP-CopyProtectというプラグイン。
これも使い方は省略しますが、
右クリックや画像コピーなどが出来なくなります。

③アクセス拒否

WP-Banというプラグインで
IPアドレスなどを指定すると
拒否することが出来ます。

これは分かりづらいので
画像を貼り付けますwwww

IPアドレス一覧

I am using a reverse proxy.
という横のチェック欄。
これはチェックしないように。

で、その下の欄。
本来空欄ですが何故か既に記入されていますね。
ここに先ほどメールで届けられた
IPアドレスを入力すると
アクセス拒否することが出来ます。
これでパクリ野郎とおさらばだ!!!

パクリ野郎は許さない!

この姿勢が大事だと思います。
エローラさんのような対応は
絶対に必要だと思います。
正直、そこまでしたくない・・・
と言う人もいるかもしれませんが、
ブログやサイト運営を長くしていくつもりならば、
そういう人間には厳しく対応すべきです。
それは自分のサイトを守る為です。

ただ、やっぱりしたくないと言う人は
自分のやった対応だけでも
やっておくと、
違うと思いますよ。
ただ、
コピー野郎はありとあらゆる方法で
アクセスし、記事を複製していくので、
やはり、
本気で身を守る為には
削除依頼を出すなりしていきましょう。

最後にした対応

ここまで、
サイト内、ツイッターアカウント等で警告。
右クリック不可にする。
アクセス拒否をしました。
が、これだけでもいいのですが
やっぱりイラっとするので
これでどうにかなるとは思いませんが・・・w
最後の最後にしたことは、
IPアドレスをさらす事ですwww
コピーするような人間は
徹底排除していきたいですからね!!

コピーされてイラっとするんだよ~って人は
是非お試し下さい^^

ではでは^^

皆さん良ければシェアしてやって下さいまし^^

気になる記事があればシェアして下さいね。
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサードリンク

管理人が可哀想だからシェアしてあげる

スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です